RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2014.01
26
Category : スノーボード
最終日の今日は男子スーパーパイプファイナル!!
Shaunや平野歩夢が欠場の中、どれだけ大会が盛り上がるのか少々疑問でしたが、やっぱり盛り上げる主役が登場するもんですね~!

結果はこちら~!

1  Danny Davis  37.66 95.00 93.66  95.00
2  Louie Vito  10.66 93.00 16.00  93.00
3  Greg Bretz  89.33 87.00 21.33  89.33
4  Scotty James  65.00 85.33 88.00  88.00
5  Ben Ferguson  49.33 87.00 43.33  87.00
6  Iouri Podladtchikov  30.00 31.00 83.33  83.33
7  Yiwei Zhang  81.66 26.00 52.00  81.66
8  Benji Farrow  23.33 6.66 59.00  59.00



何と言ってもDanny Davisが優勝!
これに尽きます!!
現代のミスタースノーボードが、スノーボードのかっこよさ(スタイル)を全快に見せて勝ったんですから!
周りが当たり前のように現在のスタンダードトリックばかりでルーティーンを組む中、一人だけ異色を放つスタイリッシュでオリジナリティーあふれるルーティーン。
しかしその難易度、高さ、完成度はすごい!
前回のUSグランプリ同様とてもかっこよかったです!

2位にはやはり縦回転させたら抜群に上手いLouie Vito!
今大会では自ら現場レポーターなどもこなしており、2位が決まったと言うのにすぐさまマイクを持って仕事してました。
オリンピックには出れませんが、完成度の高いパフォーマンスでした!

3位にオリンピックが決まっているGreg Bretz。
オリジナリティーはまったく無いですが、こちらも非常に完成度の高いパフォーマンスでした。
優等生?という言葉が分かりやすい表現かもしれません。
彼は確実にポイントを出せる滑りを見せますね。

今大会期待され、予選も1位通過だったI-Podは6位ですが、最後にダブルコーク1080でも出しておけば優勝にからんだかもしれません。
しかし彼はファイナルの3本すべてで新しいトリックに挑戦し続けたのです!
Cabダブルコーク1440!
実は昨年のX-Gamesではメイクしてるんですが、その次に出したダブルコークのランディングに失敗してポイントが出ませんでした。
以下昨年の動画です。


しかし勝つことばかり考えがちな大会志向の選手ですが、彼はスノーボードを「魅せる」ことにこだわったのですからカッコいいではないですか!
エアの高さ、トリックの完成度など優勝圏内でありながら、リスクを省みずにチャレンジし続ける姿はカッコいいの一言です!
ぜひオリンピックではこの「YOLO Flip 1440」を決めてほしいです!
ちなみに同じトリックをShaunが決めている動画も出回ってますね~。


さて、Shaunや平野歩夢が出ていたらどうなっていたのか?なんて考えませんか?
自分はそれでもDanny Davisのパフォーマンスは高く評価され、そしてI-Podがチャレンジし続ける姿が大会を盛り上げたと思いますね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント