RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2013.12
14
Category : スノーボード
男子&女子のスーパーパイプファイナルが行われました~!
今回も個人的にですが、スロープのようにジャッジに疑問を感じました。

早速結果をお伝えしましょう!

1 Greg Bretz 91.40 18.20 91.40

1位は2008年以来優勝から遠ざかっていたGreg Bretz!
アメリカチームでは2番手グループの選手ですが、非常にきれいなランで最高得点を出しています。
しかしながらその高さは低く、トリックルーティーンにオリジナリティーもなく、こう言ったらかわいそうですが、優勝するようなパフォーマンスには見えませんでしたね。
しかし今回優勝したことでアメリカチームの中でのオリンピック候補に一気に近づくことになりましたね。



2 Shaun White 37.40 90.40 90.40

優勝を当然のように期待されていたShaunが2位。
いつもなら限られた本数の中で、必ず1本は決めてくる集中力を持っているのですが、今回は2本ともミスがあってポイントが出ず。
本人は足首を痛めていたそうで、そこがパフォーマンスに影響したかもしれないと言っていました。
とは言えまだスロープがあるので楽しみです。
表彰式でもらった2位のトロフィーは、表彰台を降りてすぐ観客の中にいたファンの子供にプレゼントしていたそうです。
悔しさの表れですかね。
こういった結果後のShaunは絶対的な強さを出してくるでしょう。
次大会では圧倒的なパフォーマンスを見せることは間違いないです。



3 Taylor Gold 67.00 89.60 89.60

3位のTaylorもアメリカチームで、Gregのように2番手グループですがオリンピックスポットに近づいた一人。
ルーティーンオリジナリティー、前半の高さ、難易度など、トータルではなかなか良いパフォーマンスでした。
FS1260は良かったですね~!



4 Louie Vito 88.00 73.00 88.00

4位はこちらもトップ3を期待されていたLouie Vito。
ミスが目立ってポイント伸びず。

5 Scotty James 85.00 19.40 85.00

5位はオーストラリアのScotty James。
素晴らしいパフォーマンスで、個人的にはもっと良い位置にいても良かったと思ってます。

6 Ayumu Hirano 35.80 83.80 83.80

6位に日本のエースでまだ15歳の平野歩夢。
ミスが出てこの位置ですが、その高さ、トリックの完成度はやはり世界トップだなと思います。
しかしながらボトムに返されるランディングは、体への負担やスピードロス、ランディングミスを招きます。
今後の大きな課題ですね。

7 Danny Davis 81.60 47.40 81.60

7位にアメリカにDanny Davis。
高さもあって、トリック難易度も十分。
さらにルーティーンのオリジナリティーも最高。
ミスなし。
個人的に完全に優勝したと思ったのに、なんと優勝のGregより10ポイントも低かったのです?!
信じられないジャッジでした。
トップ3内に入っていれば納得しないでもないですが、このポイントの低さは明らかにジャッジミスです!
彼こそ今日のチャンピオンだと思いますし、MCも非常に興奮していました。
これでオリンピック選考に影響するなら、ぜったいに順位で評価してはいけませんね。


8 Ben Ferguson 76.80 66.80 76.80
9 Benji Farrow 70.60 12.80 70.60
10 Christian Haller 27.80 69.40 69.40
11 Scott Lago 16.40 68.80 68.80
12 Kent Callister 49.60 66.60 66.60
13 Iouri Podladtchikov 13.40 64.20 64.20
14 Taku Hiraoka 60.20 26.20 60.20
15 Zachary Black 43.40 25.80 43.40
16 Spencer Shaw 13.80 9.40 13.80



全体的にまだ選手たちが準備できていない印象を受けましたね。
すでに各国がオリンピック選考に入っているだけに、各選手たちは急激にコンディションを上げていかないといけないでしょう。
さらに今回選手たちが出してきたトリックはここ数年のルーティーンから大きな変化は見られませんでした。
もしかしたらオリンピックギリギリまで隠している必殺技があるのかも?

そういえばスタートテント内には国母和弘が日本選手のサポートについていました。
ティーンエイジャーの日本人選手には心強いですよね。





そして女子の結果!

1 Torah Bright 95.40 11.60 95.40

前オリンピックでゴールドメダルだったオーストラリアのTorah Brightが圧勝!!
安定した高さにトリックバリエーション&難易度!
失敗する気配を全く見せない素晴らしいパフォーマンスでした!
特に1発目のマックツイストがでかかった!
アリウープチャックフリップも素晴らしかった!
文句なしです!
このままなら彼女のゴールドメダルは確実と思われます!
しかしさっぱり大会には出てこないのに、久しぶりに出てきてこのパフォーマンス。
自分のスキルに自信を持っているからこそ、このメンタルコントロールが可能なのでしょう。



2 Kelly Clark 90.60 33.60 90.60

2位に女王Kelly Clark。
相変わらず素晴らしいパフォーマンスでしたが、Torahと比較した時にこのポイントとなるのでしょうね。
1080は今一回りきっておらずスピードロス。
ここまでトリックの完成度はその高さに隠されてきた感がありますが、Torahと比較するとその完成度の差は明白でしたね。



3 Chloe Kim 85.00 89.40 89.40

3位にアメリカの新星Chloe Kim、13歳!!
その滑りは非常に安定感があってスタイリッシュ。
高さも申し分ない上に、トリック難易度もすばらしい。
マックツイスト、クリップラー、両方向720。
彼女は年齢でオリンピック候補にはならないようですが、間違いなくピョンチャン大会では世界のトップ選手となっているでしょうね。



4 Arielle Gold 22.00 84.20 84.20

もう一人のアメリカの新星Arielle Gold、17歳が4位!
彼女も素晴らしい安定感とスタイルを持っています。
FS900もしっかり決めて、高さも安定してました。
しかしアメリカの層は厚いですね~。

5 Kaitlyn Farrington 67.40 83.80 83.80
6 Gretchen Bleiler 76.80 80.00 80.00
7 Xuetong Cai 19.00 44.80 44.80
8 Elena Hight 13.20 25.80 25.80




少しオリンピックでの選手の動向が見えてきましたね。

明日は男子スロープのファイナルです!!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント