RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2013.11
04
今回はハーフパイプ~!
なかなかパイプが滑れる環境は身近にないですが、フリーライディングでパイプのような形状をしたところもありますので、ぜひ試してください!


最初はシンプルなこれ。



<解説>

1.まずはパイプに慣れるまでストレートエアで何本も流しておこう
2.ドロップインの時はしっかりトーエッジに体重を乗せておこう
  それで壁でもエッジをしっかり噛ませることができるよ
  ストレートエアでもエッジを噛ませることは一番重要なテクニックになるからね
3.抜けはほぼストレートエアと同じだけど、肩をフェイキーランディングのラインに合わせること
4.抜けと同時にテールを跳ねよう
  これはどんなトリックでも同じ
5.ランディング見えにくいから難しいね
  でも抜けを信じてどこにランディングするかもイメージして信じよう
6.ランディングでの板はフラットに近いけどトーエッジに乗せよう
  これですぐスピードに載せることができるよ

簡単そうですが、エアが大きくなると難しくなるんです。
抜けでは肩が板に平行くらいですが、肩は空中でバックサイド側に少しだけ捻ります。
BS45度スピンをする感じですね。
これで板のランディング角度がきれいに合うことになります。
またスイッチランディングに対応するために、ランディング直後は進行方向に顔を向けると安定するでしょう。
マークが言うように、まずは小さく始めましょうね~。





次はアリウープ!
進行方向の逆に回っていきます!



<解説>

1.まずFS180とバックサイドエアができるようになっておこう
  この2つのトリックのコンビネーションだからね
  このトリックは基本スピントリックの一つと言っていい
  バックサイドエアの反対に体を捻るだけだしね
  プロみたいになろうていうトリックじゃないよ
  まあ1週間も山で滑ってれば分かるようになるよ
2.抜けるまでのライン取りはバックサイドエアとまったく同じ
3.抜けるまではまったく動かずに
4.抜けた直後に顔を左側、ノーズ側に顔を残し下を見る感じでリップを捜そう
5.空中ではインディーグラブをすると自然な形で回っていけるはず
6.ランディングではトーエッジに
  ストレートエアとまったく同じだね

これはバックサイドアリウープだと思ってましたが、フロントサイドって言うんですね~。
スケートだとこう言うのかな?
まずはフリーライディングでヒールで抜けるFS180&360を練習しておきましょう。
次にパイプでバックサイドエア。
そしてフロントサイド180.
最後にフロントサイドアリウープ。
もしかしたらその前にバックサイドのエア2フェイキーもやっておくと良いかもしれませんね。
グラブはメランコリーグラブでも良いですね。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント