RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2013.10
20
久しぶりにHowToです!
今回は初級編!

まずは真っ直ぐジャンプを飛ぶストレートエアでスタイルを出してみましょう~!
グラブエアで最もスタイルが現れる、またみんなの憧れのトリックです!



<解説>

1.まず自分はテリエやジェイミーリンをイメージするんだ
BAh7CGkKIggweDBpC2wrB0hQvElpCGkCbX8.jpgo0406058311855892485.jpg

2.テリエは前足バインディングの外をつかんで背中を大きく反ってスタイルを出すね
3.ジェイミーはワイドスタンスだからバインディングの間でグラブして、背中を反らせずにできるだけ後ろ足を前方へキックするね
4.やってはいけないのが、ただ後ろ側にエビ反っちゃうスタイル
5.とにかくできるだけ後ろ足をキックすること
6.一番重要なのは抜け
7.できるだけセンターに乗ったままフラットで抜けること
  トーやヒール側に倒れるほど空中バランスが難しくなるからね
8.少しだけトーエッジを踏んで抜ける
9.抜けてすぐにキックせずに、まずはメロングラブすること
10.グラブできたら後ろ足をキック
11.ランディングを確認
12.後ろ足を重心の下に戻して重心をセンターに戻す
13.ここまでできればきれいにランディングしてカッコいいメソッドの完成だ!

メソッドはグラブエアの王様と言って良いでしょう。
このグラブでスタイルを出せたら、それだけで一目置かれます。
まずは鏡の前などで自分の理想の形を作ってみましょう。
それが理想とするライダーのスタイルになっていたら、今度はトランポリンやKINGSのような施設で実践です!
グラブエアはライダーによって様々なスタイルが存在するので、たくさんの動画や雑誌を見てイメージを作ることから始めましょう。




次はジブトリックの基本。
BOXを真っ直ぐ乗って降ります!



<解説>

1.50-50はBOXを真っ直ぐ滑るだけ。だから体は捻らないでね
2.BOXまでのアプローチではスピードチェックを忘れないこと
3.さらにアプローチではひざを曲げて、体は板の上に垂直に立ち、顔を上げてBOXを見よう
4.ターンしたまま入ると、こんな風に転んじゃうよ
5.BOXのセンターを狙って
6.軽いオーリーでBOXへ
7.BOPXに乗る瞬間にひざを曲げてバランスを保とう
8.足首をリラックスさせて
9.BOXの出口を見続けよう
10.ランディングは両足同時にフラットで着地
11.うまくできたら次のステップ、プレスに挑戦!
12.後ろ足をプレスする「5-0」は50-50と同じようにアプローチ
13.オーリーの後、少しだけ後ろに傾いて前足を浮かせよう
14.後ろに傾き過ぎないように
  重心は後ろ足の上に
15.ランディングでは衝撃を吸収するようにひざを曲げよう
16.ノーズプレスは重心を前足に移して後ろ足を浮かせよう
17.肩を少し捻って最後まで行こう

まずはBOXへの恐怖心を取る為に、雪上にBOXを書いて乗ってみましょう。
もちろん乗るときと降りる時にはジャンプです。
BOXに実際にチャレンジする時は、氷の上に乗るイメージを持つと分かりやすいかもしれませんよ。

テールにプレス感じもノーズに乗せる感じも、まずは雪上でやっておきましょう。
当然フラットなとことで止まった状態からが良いですね。
そして斜度の緩いところでスピードを殺して練習。
スピードが速かったり斜度がきついと、エッジを立てる癖が抜けませんので、この「ゆっくり&緩い斜面」というのが練習ポイントです。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント