RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2013.09
26
カナダのLong Term Athlete Development(長期選手育成プラン)より、健全なプラン構築のために考慮しなければいけない11のポイント(要素)をご紹介する2回目です。

今回はこちら。

3.Specialization(専門化を始める時期)

スポーツによって専門性を持って練習を始める時期は異なります。
例えば技術系(体操、フィギュアスケート、フリースタイルスノーボード)スポーツは早い時期に専門的な練習に入ります。
以前も書きましたが、技術というのは神経系が急激に発達するゴールデンエイジから体の成長が落ち着く前までに習得することが非常に有利だからです。

さて、しかしながらその他のほとんどのスポーツは技術系スポーツのように専門家する時期は早くありません。
例:サッカー、ホッキー、野球、バスケットボール
参考までに12~15歳の間で専門化していくようです。
正に思春期の頃ですね。
(正確には各スポーツ協会などが時期は把握しているべきですが)

このようにスポーツは以下の2つに分けることができるそうです。

● Early Specialization(早期専門化)
● Late Specialization(後期専門化)


とは言え、先回書いたように後期専門化するスポーツでも、多種多様な運動経験は思春期までには終えていないといけないとの事です。
ご自身の子どもが参加しているスポーツクラブなどで、専門化がいつから始まっているかコーチに確認すると良いと思いますよ。

後期専門化(Late Specialization)スポーツにおいて、早期専門化(Early Specialization)のように10歳以下で専門的トレーニングを始めた場合、以下のようなことが懸念されるそうですよ。

● 一つのスポーツしか潰しの利かない人間になる
● ABC'S(Agility,Balance,Coordination,Speed)俊敏さ、バランス、運動の連動、スピードという基本運動要素の欠如、基本動作や基本スポーツスキルの欠如
● オーバーユーズ(使い過ぎ、酷使)による怪我
● 早期のバーンアウト(燃え尽き)
● トレーニングや大会に対し早期のリタイア(飽き)


障害を持つ子どもにおいては、スポーツで専門化する前にかなりしっかりと基本を習得させる必要があるとの事です。
後期専門化(Late Specialization)スポーツにおいては、できるだけ早い時期からFUNdamental(基本動作の習得)を始めるのが好ましいそうですが、これは一つのスポーツを早い時期に始めるということではありませんよ。
子どもが学ぶべき基本動作(例えば36の運動要素)を遊びやゲームの中で、という意味です。
また陸上、器械体操、水泳の3つで、基本運動要素のほとんどをカバーできるそうですよ。

次回は「Developmental Age」をご紹介しましょう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント