RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2013.05
02
今回はレールでのボードスライド基本トリック。
スタイルが出やすく、ぜったいかっこ良く見せたい「フロントサイド」ボードスライドです!
先生は「FLUX Bindings」Nima Jalali



<解説>

1.アプローチではレールにほぼ平行に入ろう
2.レールに近すぎると板をぶつけるので、少し離れたところから少しだけ斜めに入ろう
3.前足がリップから出たらオーリー
4.ノーズがレールの高さにきたら板を90度に振る
5.レール上で板が90度以下で乗るとエッジがレールに引っかかって危ないよ
6.前足でレールに乗るんではなくて、ボードのセンターで乗るほうがかっこいいね
  前足もできたほうが良いけど、後ろ足が下に落ちた板の角度はあまりかっこ良くないでしょ
7.レールに乗ったら肩を前に開くとまたレギュラーに戻れるね
8.目線は肩越しに出口を見て
9.板はレールのエンドまで90度を保って
10.レールエンドを過ぎたら板をレギュラーに戻そう
11.できるようになってきたらスイッチアウトなど色んなアレンジを楽しんでみよう

少々「?」と思うところもありましたが、入り方や降り方は参考になりますね。
こういう板を横にするトリックはノーズ&テール側バランスよりも、トー&ヒール側バランスに注意することが安定させるコツです。
また体を捻るほど頭がトーエッジ側に倒れることもよくある失敗例ですので気をつけましょう。
この板のセンターで乗るところから始めて、そこから前足や後ろ足に乗れるように少しずつ練習してバリエーションを増やしていきましょう。




次はこのトリックを難易度の高いレール「キンク」でやってみます!



<解説>

1.当然だけどレールのフロントサイドからトーエッジに乗せて入っていくよ
2.自分の場合アプローチでは数回ターンして足場を作るんだ
  これでオーリーも安定すると思うよ
3.オーリーではほぼ板はまっすぐ抜いて
4.乗るときに板を横に振るよ
5.最初のキンクに差し掛かるまでは、肩を前に開いて目線も出口を見てレギュラーに戻せるようにしておこう
6.キンクは足を少し引き上げるようにしてレールに乗せている体重を抜く感じ
  これでヒールエッジ側の圧を軽減させるんだ
7.次のキンクにも素早く合わせて
8.ランディングを確認
9.板はエンドまで90度をキープ
10.エンドで足を戻して上半身はゆっくり戻してランディング

キンクでの対応は「抜重」でしたね。
とは言え、まずは恐怖心と戦わなければならず、そんな簡単ではないのですが。。。
しかし最近こういうスタイル見なくなりましたが、Aaron Bittnerやっぱりスタイルカッコいいですね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント