RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2013.04
07
今回は上級編!
レールでの「基本プレス+スピンアウト」スタンダードトリックです!
同じ「ブラント270アウト」を両サイドで解説しますよ~!




<解説>

1.まずはこのトリックを始める前にバックサイドボードスライドができること
2.次にこのトリックと同じ動きを雪の上でやっておくこと
3.アプローチで少しだけ角度をつけて入る
4.オーリーと共にノーズを引き上げて
5.板(後ろ足)をレールの脇でロック
  これで強いプレスができるね
6.乗っている形はフェーキーのボードスライドのような感じ
7.レールの上では後ろ肩がずっと回転をリード
8.目は出口を見ても肩は回し続ける
9.板はブラント状態をずっと出口まで保って
10.出口で一気に下半身を回してランディング
  下半身を回し始めるのが早いとノーズをレールにぶつけて転ぶから注意!

ジブトリックの「基本プレス+スピン」のスタンダードですね。
よくあるのはブラントの形ばかり頭にあって、乗った瞬間に動きが止まって270アウトできないこと。
板をレールに当てたらすぐ肩のローテーションを開始しましょう。
一気に回すと言うよりゆっくり回転を止めない感じが好ましいですよ。





<解説>

1.まずはリラックスして板をレールに対して平行にアプローチ
2.ノーマルのフロントボードスライドより少し速いスピードで
3.少しずつトーエッジに体重を乗せて
4.トーエッジで踏み切り
5.レールの上にフロントサイドブラントの形で乗る
  後ろ足でプレスし山側を向いている状態
6.板をそのままロックし
7.次に頭と肩をランディング側に回す
8.出口まで姿勢をキープ
9.出口で軽く踏み切ると板が上半身に付いて270回ってくる
10.トーエッジでランディングして安定して滑り降りる

こちらもバックサイドと同じで、よくあるのは乗ってから流れが止まって270アウトできないこと。
また乗った後にランディング方向に上半身を回しながらトーエッジ側に倒れることもありがちです。
乗った瞬間から流れを止めぬように、ゆっくりとスイッチフロントノーズスライドの形に持って行きましょう。
この動画でも上半身を回すというよりもスイッチFSノーズスライドに持って行ってる感じがよく分かりますね。

どちらも覚えておきたいのは、ノーズ&テールバランスより、トー&ヒールバランスに集中することがバランスキープする大きなカギとなるということ。
覚えておきましょう。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント