RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2013.01
19
Category : スノーボード
現在スイスのダボスで行われているTTR6スターイベント「O'Neill Evolution 2013」。
本日行われたビッグエアが非常に印象的だったので記事にします。

6スターという最高峰レベルにもかかわらず、ビッグネームがぜんぜん出ていない今大会。
ということであまり期待してなかったのですが、ビッグエアが面白かった!

まず女子カテゴリーで優勝したのが日本の超期待の星「鬼塚雅」選手(14歳!)。
この大きなジャンプに小さな体。
どれだけのスピード感とランディングの衝撃を感じているのか?
キレイでスタイリッシュなフロントサイド360に安定したレールトリックを決めています。



彼女はKingsでかなりクオリティーの高い高回転スピンを練習していますが、現在間違いなく日本女子トップレベルですし、年齢制限でワールドカップなどには出場できませんが、おそらく2018年ピョンチャンオリンピックではメダル獲得を期待できる選手となるでしょう。




それより今回とても印象的だったのは男子のスーパーファイナル!
ビッグネームがSebだけで、単純にSebが勝っちゃうのかな?と思わせましたが、そのSebがスーパーファイナル前にBSトリプルコーク1440で失敗して脱落。

なんとスーパーファイナルは全員ティーンエイジャー!

1位 Maxence Parrot(18歳)



2位 Kyle Mack(15歳)



3位 Kalle Järvilehto(17歳)



4位 Emil Ulsletten(19歳)





1位のMaxは現在世界最高難度のトリプルコーク1440を完璧メイク!
その後のジブもスタイリッシュに決めてます!
ここまで同じトリックは、同じカナダのトップライダーMarcと日本の角野ゆうきのみが本番で成功させています。
しかしこれほどの完成度ではありませんでしたから、彼の今回のパフォーマンスは「スゴイ」んです!
同じトリックを、ファイナルの前に同じカナダの先輩ライダーSebが出してきましたが失敗しています。
ということはMaxのスキルレベルはここ1年で急激に伸びていると言っていいわけですね。
とうとうカナダはSeb、Marc、Maxとメダル候補3枚看板となってきました。
カナダ強し!!

2位のKyleはすでにバートンジュニアとして有名ですが、これまたスゴイことになってます!
トーサイドで踏み切るフロントサイドロデオトリプルコーク1440!
これは新しい!
そして立ったKyleは一気に世界のトップライダーとして認知されたことでしょう。
Maxがいなければ文句なしの優勝です。
新世代恐るべし!

3位のKalleと4位のEmilもかなりの物なのですが、この上位2人が凄すぎて目立ちません。

ビッグネームがいない6スターで次世代のスーパースター達が秘かにスゴイレベルのパフォーマンスを披露し、一気に大きな「自信」を付けています。
このまま徐々に徐々にオリンピックに向けて現在のビッグネームに追いつき、近いうちに追い越すことになっていくのでしょう。

新世代がとうとう台頭してきましたよ~!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント