RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2013.03
07
今回はフリースタイル初級レベル。
ウィスラーで初級レベルを教えているプロコーチであり私の知人でもあるKevinが、自身のサイトにアップしている動画をご紹介しましょう!


まずは初級ジャンプをストレートに飛びます。



<解説>

1.まずは自分のレベルに合ったジャンプを決めよう
  (緩い斜面?初級ジャンプ?中級ジャンプ?)
  自信を付けることでランディングも決まるよ
2.アプローチで数ターンしてスピードを調整しよう
  ナックルに届かない、飛び過ぎてフラットまで届いてしまうのは避けたいね
3.スピードが決まったら板をフラットにしてノーズを飛ぶ方向に真っ直ぐに合わせよう
4.抜けでは両足で蹴るか、オーリーを使おう
5.空中ではヒザを引き付けて体をコンパクトにバランスキープ
  これでグラブもできるようになるよ
6.板は真っ直ぐ
7.後ろの手はテールの上
8.肩は板と平行に
9.ランディングを見て
10.ランディングの衝撃吸収に備えて足を曲げておこう
11.ランディングの後はヒールサイドにターンすると良いよ
  これでスピードコントロールできるし、正面にある障害物などもよく見えるからね


アプローチでターンするのは足場を作るためですね。
スピードはスタートする前に決めておきたいですね。
最初は抜けで蹴らなくても良いですよ。
いわゆる蹴らない「素抜け」で良いんです。
気を付けたいのはノーリー。
できるだけセンターより後ろに構えて、頭は腰の真上にある状態で。
頭が倒れていると真っ直ぐ向かうのが難しくなります。
頭は重力に対して真っ直ぐに。
空中では足を引き付けるというよりも、お尻を上に引き上げながら「みぞおち」に何かを吸収する感じ。
目線はランディングポイントよりも少しだけ向こうに置いた方が良いでしょう。





次はフラットボックスで基本的なボードスライドです。



<解説>

1.アイテムに向かいながら数ターンしてスピード調整
2.体をアイテムに真っ直ぐ合わせて
3.2mくらい手前で板をフラットにして板をアイテムに対して真っ直ぐに合わせよう
4.抜けで少し蹴ってキッカケを作るとキレイにアイテムに入っていけるよ
5.アイテムに乗る時は体を捻るよ
6.乗る前に体をアイテムに対して開いておき
7.蹴ったら後ろ腕を後ろに引いて
8.お尻を進行方向に開こう
9.板をフラットにキープする為に
  ● ヒザを曲げて
  ● 前の手を下に下げる
10.アイテムから下りる時は体の捻りを戻そう
11.ヒザを曲げてランディングのショックを吸収

同じようにスピードはスタートする前に決まってた方が良いですよ。
もちろん頭も起こしてないとバランスが難しくなります。
まずは止まるくらいのスピードから始めて、転ばなくなったら少しずつスタート地点を上に上げていきましょう。
お尻がカカト側に落ちていてなかなか直せない場合は、頭と前の手を思いっきり前に出してバランスを調整できます。
何度も転んで痛い目を見たくない場合は、座り込むくらいのお尻の低さで乗っていれば軽減できます。
もちろん板を最初から90度捻れなくても良いので、まずは45度以内で乗ってみると慣れてきます。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント