RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.12
13
Category : 動画
とうとう北米メジャー大会の一つ「Winter Dew Tour 2013」が開幕しました!
会場はコロラドのブリッケンリッジ。
今日は男女スロープと男子ハーフパイプのセミファイナル!
結果もメジャーなライダーが期待通りの結果を出しています。




スロープスタイル セミファイナル 男子

1st Place – Torstein Horgmo 95.00

2nd Place – Maxence Parrot 89.00

3rd Place – Eric Willett 88.50

4th Place – Chas Guldemond 88.00

5th Place – Sebastien Toutant 87.00

6th Place – Sven Thorgen 86.25

7th Place – Roope Tonteri 82.25

8th Place – Mark McMorris 81.50

9th Place – Sage Kotsenburg 81.00

10th Place – Ulrik Badertscher 79.00

11th Place – Staale Sandbech 77.75

12th Place – Peetu Piiroinen 75.75

31名が2本滑った中のベストランでジャッジされ、その中から以上の12名が日曜日のファイナル進出を決めました。
もちろんオリンピックとなればもう少し強豪が加わってきますが、ファイナルを決めたメンツはさすがの顔ぶれです。

選手たちは「過去最高のスロープコースだ!」というくらいで、参戦選手のパフォーマンスレベルも予想を上回っていたとのこと。
コースには4つの大きなジャンプ、3本のレール、ボックス、ステア、ウォールライド、当て込みアイテム。

その中でトップだったのがTorstein Horgmo。
95.00というファイナルか?!と思わせるほどの高得点をマーク。
ファイナルは一体何をやってくるんだ?
以下が彼のルーティーンです。

① big 240 gap to lipslide on the flat down rail
② gap to backside lipslide on the down flat down kinked rai
③ frontside double cork 10
④ deep backside double cork 10
⑤ 450 lipslide on the rainbow box
⑥ cab double cork 1080
⑦ switch back 1260

2位に入ったのはカナダの次世代ライダー「Maxence Parrot」!
セブやマークに続く昨年から出てきたティーンエイジャーです!
やっぱりカナダはスロープが強いですねえ。

先日TTR6スターという世界最高峰レベルの大会で優勝した角野選手(16歳)も出たのかな?






そして今季からやっとDew Tourで女子のスノーボード種目が加わりました!
最初の種目となったのがスロープスタイル!

スロープスタイル セミファイナル 女子


1st Place – Jamie Anderson 94.25

2nd Place – Silvia Mittermueller 93.00

3rd Place – Enni Rukajarvi 92.00

4th Place – Spencer O’Brien 90.00

5th Place – Kjersti Østgaard Buass 89.00

6th Place – Sarka Pancochova 87.00

こちらは13名の中から以上の6名が土曜日のファイナル進出を決めています。
男子と同じく素晴らしいメンツが残りましたね。

その中でもやはり強いのがアメリカのJamie Anderson。
とても安定したルーティーンは。。。
① switch back 540
② back 180
③ Cab 540
など。
ファイナルでは昨季のように皆が720で勝負してくると思われます。






そして男子のスーパーパイプ!
日本からも参戦してます!

22名のライダーが競ったセミファイナル。
スロープと同じで2本の中のベストランで以下の10名がファイナル進出を決めています。
残念ですがスーパーパイプは昨季までのシリーズ戦とは違い、今大会だけとなるそうです。

ハーフパイプ セミファイナル 男子

1st Place – Scotty Lago 92.75

2nd Place – Shaun White 90.50

3rd Place – Greg Bretz 89.00

4th Place – Louie Vito 88.25

5th Place – Brett Esser 86.00

6th Place – Christian Haller 85.50

7th Place – Nathan Johnstone 85.00

8th Place – Taku Hiraoka 83.50

9th Place – Ayumu Hirano 81.50

10th Place – Markus Malin 79.25

セミファイナルを1位で抜けたのは、ドでかいエアで他を圧倒したScotty Lago。
ルーティーンは。。。
① frontside 540
② backside 900
③ frontside corked 1080
④ cab 720
⑤ inverted frontside 900 nosegrab
⑥ stylish backside air

2位に付けているのがShaun White。
2本とも少々ランディングなどでしゃがみ込んだようでポイントが伸びず。
とは言えまだセミファイナルですから、ファイナルには調整してくるでしょう。
しかし今年起こした事件があっても堂々と大会に出ているところはメンタル強いんですかね。
スロープ出ても強いですが、今回はハーフパイプです。

若き日本人選手も2名がファイナル進出!
平岡選手はポスト青野選手として次世代を担うだろう筆頭。
平野選手はまだ13歳?でこのレベルで戦っています!
先日の角野選手も凄かったですが、相変わらず日本のジュニアは世界でも群を抜いて強いです!
ファイナルでのパフォーマンスに期待がかかりますね。
成績よりも大いに目立ってほしいものです。

続きはまた明日にでも。
お楽しみに!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント