RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.11
16
前回の続きです!


色々分かってきたんですが、どうもシックリきません。
「ドッシリ」を感じるっていうのはどういう状態なんでしょう?
早速検証していきます!



「ドッシリ」を感じるには外力の存在が必ずある訳です。
では緩斜面での直滑降や宮元武蔵のように突っ立った状態で掛かっている外力とは何でしょう?
考えてください!

そうです、一つしかありません。

それは「重力」です。

そしてここまでハッキリ分かっているのは。。。

● 上半身のリラックス
● 下半身は必ずしも力は入っていない

この2点です。
とすると、まだ触れていない部分があることに気付きます。
上半身と下半身の間に位置する「腰」です。

今度は「腰」という視点から考えてみます。


「腰」は昔から様々な使い方をされますね。

例:
● 腰が抜ける
● コシがある
● コシが強い
● 逃げ腰
● けんか腰
● 腰を下ろす
● 腰が据える
● 腰が低い

「腰」は昔から重要な意味を持っているようです。
上半身と下半身をつなぐ場所だからでしょうかね。


ということで?!、まずはこの「重力」「腰」キーワードと仮定してみます。

そこで次です。

「ドッシリ」を感じているのはどこでしょう?
私の感覚です。

● 足裏
● 
● 背骨

これは私が受けたコーチングコースの資料(生体運動力学)から抜粋したものです。
COM.jpg
この「重心」について書いてある文章中、最初に。。。

●身体に掛かる全ての「重力の影響」を、身体の一点に集中させた場合の「ポイント」

と書いてあります。
ここでは「重心」こそがその中心であると言っています。
その存在、また位置は非常に重要ということになるようです。
バランスの中心と言って良さそうですね。

そろそろ見えてきました。
「ドッシリ」を感じるのは「バランス」ではないでしょうか?
つまり「重力」(他にも遠心力、推進力など)という外力体軸(特に「腰」)がビッタリと重なった時に感じるもの。

ん?
正しいようですが、直滑降で真っ直ぐ突っ立って滑るなら中級者でもできるはずです。
しかし「ドッシリ」を感じれない人も多いですね?
何か足りません。。。

思い出しました!
以前受けたコーチングコースで、生体運動力学の講師の方が言ってた事です!

① 上に跳ねる時は腕を高く上げるほど到達点も高くなる
② 重力に対して同じ方向に身体を下げて(しゃがんで)も抵抗力は生まれない


BioMechanics-14.jpg

これを以下のように解釈できないでしょうか?

① 腕を上げるほど重心は上に引き上げられ、腕を下げるほど重心は下に落ちる
② 抵抗力を生む場合は重力に対して逆方向に力を加える事(立ち上がる)


腕を上げるほど体内の筋肉も上に引っ張られ重心自体も上に引き上げられますよね。
つまり「浮き足立つ」という状態が出来上がるということではないでしょうか?
だから上半身はリラックスして重心につながる筋肉たちをできるだけ重力に任せて下に落としておく。
そうする事で上半身に「重み」が生まれると言えないでしょうか?
さらにリラックスすることで(五重塔のように)自然と良いバランス軸を作る事にもなります。
すると腰や背骨に「ドッシリ感」を感じるということでしょう。

下半身で同じようにリラックスしたら立っていられませんし、立っていられないということは、運動力学上では(重力と同じ方向に下がるわけですから)地面と体の間に抵抗力(「ドッシリ」感)は生まれないということになりますね。
抵抗力(「ドッシリ」感)を生む為には、腰の上に「重り」(重力に引っ張られる十分にリラックスした上半身)を乗せ、さらに重力に対して抵抗するように足を逆方向に突っ張ると良いということではないでしょうか?
お分かりかと思いますが、この上半身の「重り」なくして下半身の「突っ張り」はできません。

以下は「ニュートンの3つ目の法則」です。
newtons 3rd low

要するに「何か反応が起こる時はアクション(作用)にリアクション(反作用)が必要である」ということです。
そしてこの「作用、反作用」は「対」になっているとも言っています。

この場合は、
● 作用 = 重力 & 上半身の「重り」= 下方向
● 反作用 = 立ち上がり(突っ張り)= 上方向
と考えて良いでしょう。

という事で、上半身が浮いている状態は「作用」の総合力が小さくなっているという事であり、力のバランスを保つため「反作用」も小さくなると考えられます。
その上で、下半身を強く上に突っ張れば、余計「浮き足立つ」感覚を覚える事は想像できます。
上半身の「重み」を上から下半身を押さえ込むように利用する事で、やっと下半身が「ドッシリ感」を感じれるわけです。
これは「作用」の総合力を上げることになり、同時に「反作用」する力も上がると言えませんか?

試しに(バランス良く立って)
● 上半身を上に引き上げた状態
● リラックスして下にダラっと肩が垂れた状態
この2つで下半身と腰の「ドッシリ感」を感じてみてください。

下から掛かる外力の強さ(重力、遠心力、ジャンプの反り上がりなど)、また腰の上に乗る「重り」の重さ次第で、下半身に必要な筋力は変わってきますね。
体重が重いだけでも、かなり下半身への「ドッシリ感」は感じているでしょうね。

そして忘れてならないのが、この抵抗力(「ドッシリ」感)を生むためには「バランス」が根本にあるということです。
外力に対して足元と腰と頭が(前後左右から見て)一直線上にあることが最高に抵抗力を生む「バランス」ということですね。

a 251-2

もちろんパフォーマンスによってはこのような「一直線のバランス」が適当でないことも多いです。
冒頭のライダーたちのライディング映像、そして上のスキーの写真は正にそうですね。
要するにトータルボディーバランスが重要ということです。





さて結論です!

外力に対し真っ直ぐ立ち、上半身はリラックス、下半身は下に突っ張る(伸ばす)ように緊張させておく」

これが感覚的なコツ」

そしてこの感覚を実現する為の「身体の使い方」がこれ!

1.上半身は姿勢を保つために腰(腹、背中ではありません)の筋肉は力が入っている事

2.上半身のほとんどの筋肉(特に肩周辺)はリラックス状態が好ましい

3.骨盤は骨格上、前宙軸(尻を後ろ上&へそを前下)へ回転(Tilt)させると頭、背骨、腰、足元が一直線に揃いやすい

4.バランスキープの鍵となる足首、股関節筋、体幹筋(腰、インナーマッスル)は常に軽く緊張状態を保つ

5.下半身の筋肉は上半身の「重り」を常に感じながら、それを上に押し返すように緊張させておく


b 469
b 464


ちなみに筋力を最大限に生かす間接の可動域(足首、膝、股関節の角度)も知っておくと、どの位置が最大限に「突っ張る筋力」が得られるか分かるでしょう。
「軽く」曲がった状態が好ましいと言われていますね。

これが私の分析した「理想の立ち方」です。
他のスポーツなどでも応用可能と考えます。


さらにこちらで以上のことを感じれる簡単な方法も紹介されていますよ。
ぜひ滑る前にご覧いただきお試しあれ。

上虚下実 - ゆっきートレーナーブログ




FC2ノウハウにも掲載されています
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント