RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.08
30
Category : コーチング
またまた非常に面白い記事を読んだのでご紹介します。
オリンピックにからんで読んでいた様々な記事の中に、日本人アスリートのパフォーマンスを左右するものがその国民的メンタリティーにあり、それは国の歴史を振り返れば明白であるという内容です。
まずは以下のリンク記事を読んでください。
少々長いですが非常に興味深い考察です。

五輪を見て気づいた“弱い個人”と“強いチーム” 「失われた20年」を打ち破る日本人のメンタリティ

個人スポーツのコーチとしてやってきた私には非常に勉強になりました。
例えば昨今の日本のスノーボードHPナショナルチームの海外の映像などを見ると、チームメイト達がスタートやゴールで個人をチームとして支えているように見えます。



こんな風景を他国チームに見ることは絶対にありません。
個が独立して個の考えを持ち、個が判断を下すという文化からくる海外の考え方。
もちろんこういうメンタリティーも持てるようになった方がより強く生きていくことができますし、競技でもより揺るがない自己管理ができるでしょう。
しかしその上でチームとしての個の存在を感じさせることは、日本人の底力(限界値)を更に引き出すということなのでしょう。

駅伝なんて正に日本人のメンタリティーをそのまま表している日本独自の競技ですもんね。

海外には「チームビルディング」なんていうチームとして個々が連携して何かを作り出すということを、わざわざ特別な物として学ぶことがありますが、日本人は農耕民族としてやってきた長い歴史上、こういった近くの人間との良好な関係(つながり)を築くことは自然にやってしまうのです。

記事に書いてある通り、これは悪い方向へも強く影響するようです。
例えば全体の状況が悪くなってくると、誰かが個人の「損」を防ぐように行動を始め、それを見た周囲も危機感を感じ同じ行動に出る。
結果として互いを信用できなくなりチームの崩壊がとなる。
こういったチームを保てない状況では、例えば最近の日本の経済状況による社会的雰囲気のように、日本人は非常に弱いようです。

一方で日本が本当にどん底を味わった大震災後は、誰もが個の利益や損を防ぐことなど考える余裕はありませんでした。
日本人の本当の強さを見た一番の例ではないでしょうか。


とにかく日本人の強さを引き出すには、どんどん人と人がつながり「個々がチームを支える」という構造を作り上げていくこと。
これが多くの日本人の底力を引き出すことになるんですね。

良いチームワークを実践できる、信頼できる環境を作りましょう。
まずは自分が「ポジティブ」な思考を持ち、ポジティブな環境をリードしていく人間でないといけませんね。
ああこれは自分に言い聞かせてます。(笑
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント