RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.07
31
今回は中上級編をご紹介しましょう。

180や360スピンの途中で、何かのアイテムに板を当て込むトリックですよ。
まずはバックサイド180のボンクから。



<解説>

1.まずはボードを当て込まずにストレートで飛んでスピードを知ろう
2.アプローチと抜けはストレートエアと同じ
3.リップを抜けたらテール(下半身)をアイテムに向けて捻ろう
4.テールをアイテムに当て
5.当てた勢いと共に、今度は板を逆方向(バックサイドスピン側)に捻ろう
6.ランディングしてそのままキレイに滑っていこう

簡単な解説でした。。。
もっと付け加えましょう。
抜けは確かにストレートエアと同じように抜けます。
その後まずは思い切ってテール(後ろ足)でアイテムを蹴ってみましょう。
中途半端に当てると、当った反発力を十分に得ることはできないので、思いっきりテールで蹴飛ばしてみましょう。
当て込みが強いほどテールが跳ね返ってきて勝手にバックサイド側に回っていきます。
またはオシャレに軽く当ててバックサイド180ランディングしたい場合は、空中で胸がテールに正対するほど上半身(&顔)を捻りましょう。
そうするとテールがアイテムに当るのが良く見えるはずです。
これは肩と腰がバックサイド側に強く捻られるのですが、板だけを真っ直ぐ抜くということです。
空中で腰と肩をしっかり回すことができれば、板は必ず90度は回ります。
足りない90度はランディング寸前で強引に板を回して合わせます。
ポコジャンなどで同じことが試せますよ。
動作は同じですが、ポコジャンのリップにテールを当て込むだけです。
これは当て込んだ後の反発力はないので、後者に書いたように体を動かさないといけませんよ。






次はフロントサイド360の途中でアイテムに当て込みます。



<解説>

1.まずは当然ながらフロントサイド360がしっかりできることが大事
2.アイテムをしっかり飛び越えるくらいのスピードも理解しておこう
3.アイテムに当て込まないフロントサイド360を数回試して感覚を覚えること
4.初めて当て込むときも当て込まない時と同じようにリップのサイドから抜けてみよう
  当らなくてもアイテムに触れば良いよ
5.アプローチはスピンをかけやすいように「S」を書きながら
6.抜けでは軽くヒールに乗ってポップ(蹴る)
7.少し後ろに傾けて抜くと、空中でも板が少々縦になってノーズをアイテムに当てやすいんだ
8.まずはアイテムまでにキレイな180を決める感覚で
9.当て込みが激しい(強すぎる)と危ないことになるかも
  当てるというより前足(ノーズ)をもっとポーク(伸ばす)感じ
10.当てた後は360まで回しこもう
11.フリーライディングの中で様々なものに当て込んで遊ぶと良い練習になるよ
   どんどん当て込もう!

抜けでは軽くヒールエッジに乗ると思うので、自然とエッジを掛けた方向に飛んでいきます。
横に飛んでいくことを想定して少しサイドから抜けると良いでしょう。
エアの頂点(アイテムの真上か真横)までに板と腰と肩がしっかり180回るように抜けます。
この時点でキレイに180回っていれば、後は自然と360まで回ってしまいます。
少し回転が足りなかった場合は、当て込む瞬間に上半身(肩か前腕)を回転方向に再度回しこんでみましょう。
よくある失敗例は、当て込むことばかりに集中して、回転力が十分付かないことです。
まずは十分回る回転力を、アイテムに当てる前に得てください。
ポイントは腰と肩が回転方向にしっかり回っていることですよ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント