RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.06
13
今回は勢いに乗ってるノルウェーライダー達が解説します。

まずはEven Brekkeによる



<解説>

1.まずはバックサイド540を回して
  グラブはしないでいいよ。
  そっちの方がずっとカッコイイしね。
2.360回ったところで足だけを回転方向に回しこみ(シフト!)
3.上半身はランディングを見たまま固定
4.その逆に捻じれたまま反対方向を見てランディング

もちろんバックサイド540をキッチリ回しこめる人でないと難しいですね。
まずは360までにしっかり回転力が付いていること。
360回りきる前に、焦って足だけを回しに行くと540まで回りきらないでしょう。
シフトが入った時にメソッドグラブするのもスタイルですね。

しかしスタイリッシュなライダーですね。




次は昨シーズンから一気にメジャーになってきたノルウェーの新星「Aleksander Østreng」がシンプルなレールの基本トリックを解説します。

Aleksander Østreng



<解説>

1.ボードスライドをダウンフラット(キンク)レールで試す前はダウンレールでできるようになっておこう
2.まずは乗った時にキンク部分をしっかり見るように
3.キンク部分がきたらつま先(上体も)をこんな風に持ち上げて(アレックスの手を見て下さい)
4.これで次のフラット部分のレールにストレートに乗れて、残りの部分はバターするように行けるよ
5.これができるようになったら、270アウトやプレッツェルでフェイキーランディングなんかもできるね

キンク部分での変化に対応するのが怖いですよね。
アレックスが言うようにつま先と上体を持ち上げると、人によっては背中側に思いっきり滑って痛い目に合うかもしれません。
まずはしっかりスピードをコントロールしましょう。
上体を持ち上げる感覚は、頭の位置は変えずに腰を前方に押す感じが良いかもしれません。
キンク部分に差し掛かる前に、出口の位置も一緒に分かっておくことが大切ですね。
キンク部分ばかりに目を奪われると、目線(意識)が足元に落ちてバランスを保つのが難しくなりますよ。

スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【海外プロライダーのスノーボード 「HowTo」 動画!No.34】

今回は勢いに乗ってるノルウェーライダー達が解説します。まずはEven Brekkeによる<解説>1.まずはバックサイド540を回して  グラブはしないでいいよ。  そっちの方がずっとカッ

Comment

非公開コメント