RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.05
18
まずはジャンプの基本スピントリックから。
非常に良い練習法です。

The Burton Academy at Northstar Trick Tip: The Backside 180 from Northstar California Videos on Vimeo.



<解説>

1.まずはカーペットの上で、次に平坦な雪面&緩い斜面で、そしてパークで練習と進めていこう
  もちろん周囲の安全確認を忘れずに
2.このトリックでは軽くトーエッジに乗るよ
3.ブラインド180とも言うように、後ろを向いて視界が悪くなるんだけど、怖い反面すごくできると面白いんだ
4.アプローチでトーエッジに乗せて
5.前の肩を回転方向(トーエッジ側)に少しずつ回して
6.後ろを見た瞬間に蹴る!
7.一気に板を回して
8.ランディングしたら目線を進行方向へ戻す

最初に板が動かない状態(カーペットの上)で練習するのは良いですね~!
何より足場の不安定感が一番トリックを難しくしますからね。
細かな技術より、このように一連の動作を一度に体に覚えこませるのが一番良いです。
とても上手なティーチングですよね。

肩を入れる感覚は人によって異なりますが、タイミングが早すぎると板もリップを抜ける前に回り始めてずれます。
ずれるとスピードが落ちたり、斜めに飛んで届かなかったりします。
前の手を前のヒザの内側に置くようにして、前足はフラット、後ろ足は軽くトーエッジに乗せてアプローチすると良いですよ。
抜ける瞬間に目線を90度から180度の間に回して、同時に蹴ってみましょう。
前の手は進行方向に残し、後ろの手だけを回転方向に引っ張ってみましょう。





<解説>

1.まずはFSの壁で540ができることだね
2.アプローチでは低く構えて
3.上半身の腕の「溜め」はあまりいらないよ
  壁からの圧力を利用するからね
4.前でも後ろでもなく板のセンターに立って
5.トーエッジにしっかり乗って滑っていくよ
6.壁に入ったらリップに後ろ足がかかるまで待って
7.これが待てないと中に跳ね返ったり、外に飛び出てしまうからね
8.抜けるときは前肩越しに目線を送って、ワンモーションで一気に回るよ
9.前の手を軸に姿勢を安定させ
10.ランディングするリップをずっと見続けよう
11.最初の捻りの勢いで決まるよ
12.ランディングするまでリップを見続ければ自分の位置も把握できるね
13.縦と横の強さは自分の好みで調整してみて
  背中側に強く回すとより縦回転が強くなるよ

パイプでキッカーのFS360を回すとFS540と言います。
アプローチでは壁が始まる前にターンが終わっていること。
次に下半身は一定のヒザの角度をキープして、それ以上低くならないこと。
できれば後ろ足を少し伸ばしながら上がっていきましょう。
そうすればScottyが言うように壁の圧力を感じることができます。
抜けではその圧力を開放するように上半身を軽く捻ります。
空中ではもちろんリップをずっと見ましょう。
ランディングが背中側になるので難しいかもしれませんが、自信を持って雪面を叩きつけるようにランディングしてみてください。

壁がこんなに大きくなくても回せますが、日本にはどれだけ入りやすいサイズのパイプがあるのでしょうか?
そう考えるとアクロス重信の営業終了は残念ですね。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント