RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.04
28
「侍ハードラー」為末大さんのTwitterより。


【なぜありのままでいる事が難しいのか】

ありのままの自分でいたいのに、みんながそれを受け入れてくれないからそうなれない。人はそう感じる事があるけれど、結論からいってありのままの自分を完全に受け入れてくれる他人はほとんどいない。世の中のほとんどの愛や好みは条件付きでできている

ありのままになる事を怖れさせる一番の原因は受け入れてもらえないかもしれないという事。多分幼少期、十分にありのままでいられなかった経験等が影響するのだろうけど、こういう感覚になってしまうと、人と面した時瞬間的に相手が期待しているものを察知してそれに応えようとしてしまう。

条件付きの愛は、その条件を満たしているから愛されている訳で、相手に好かれたいと思えば思うほど、その条件を満たすのに必死になる。愛されるべき人の条件というのを子供の時から言われ育ち、そしてそのうちありのままの自分にはその条件が備わってないと考えるようになり、人は自分に失望する。

自己愛とか自分を許すっていう事の本質は、相手に期待をしないという事。相手に愛してもらわないと自分に価値がないと思い込む事をやめて、自分で自分自身を愛するように努力する事。他人が自分を肯定してくれるから自分は素晴らしいと思っている間は、残念だけど満たされない

他人を愛したり、自分を愛したり、これは同時進行で進んでいくものだけれど、でも本質的な相手に対しての献身は、自分を肯定しつつでないと難しい。自分を愛してもらう為に人に対して献身すると、見返りをどこかで強要して、それが無い時に恨んでしまう。

自分を許してあげるのはつまりはそういう事で、立派だからじゃなく、優れているからじゃなく、みんながすごいと言うからじゃなく、ありのままの自分を認めて褒めてあげる事。そしてその為には他人への期待をやめないといけなくて、それはつまり相手が相手のままでいるのを認める事。

【まとめ】ありのままの自分でいられる状態ってのが獲得できるかというと、できるのかもしれないけど相当難しいと僕は思っていて、やっぱり徐々に人生をかけて許していくしか無いんだと思う。だから人生の最後に向けて大らかに自分へ向けての旅をしているような気持ちで、僕は日々を生きている



う~ん。
きっと誰しも多かれ少なかれ持っている悩みなんでしょう。
私は自分の子ども時代や自分の子どもへの対応と重ねて考えてしまいます。

子どもそれぞれは同じ環境に育っているのに、父親として私が言うことの受け止め方や反応が全く違います。
母親のことは聞かないのに、父親の言うことは信頼するボスのごとくしっかり聞く長男。
男として父親に認められたい(すかれたい?)。
2番目以降が産まれてから、長男というのは急激な自分へのアテンション(注目)が減ることに、自分への愛情が減ったのだと認識しているかもしれません。
そこでその減った(と感じている)愛情を取り戻すべく、必死に親の言うことを実現しようとするのかもしれません。

次男以降はこの傾向が徐々に少なくなっていきます。

私はこういったことを好きで勉強しているので、こういったことを繊細に日々感じるよう努めているつもりですが、実際はどこか的外れな言動をしているのかもしれません。

私の幼少期は結構ひどくて、ありのままの自分はほぼ全否定されて育ったと思います。
父親の絶対的な「男の理想像」というものにはまらなければいけなくて、私の個性というもので何か認められたことというのは少々人より運動が得意だったことくらいでしょうか。
一日のほとんどを過ごす家の中では、できないことへの否定の言葉が日々あびせられ、言いたいことを発言する機会は頭ごなしに潰されてきました。
ありのままの自分でいれたのは学校でした。
ですから学校は高校を卒業するまで大好きでしたね。
私は適度に「バカ」だったのか、それでも父親の理想にはまろうとは思わず、自分らしさを保つことが当たり前だと思っていました。

脳科学者の茂木健一郎さんによると、最近のミラーニューロン研究で、面白い発表があったようです。

「他の人と、違うことをすると活性化する脳回路の発見について」

ほち(4)自分と他人が同じことをしているとほっとするミラーニューロンの「安心作用」には、個人差が大きい。一部の被験者では、違うことをやっていると発火する「警告ニューロン」の活動が低い。それどころか、むしろ他人と違うことをやっていないと不安になるという、希なケースもある。


私は自分が後者であると勝手に自覚しています。
こういうタイプはきっと自分らしさを保つことを自然とやっているでしょう。
自分の行動をいつも「人がやらない逆のこと」を基準に決めていたら、誰かに好かれることなんて難しくなります。
しかし育った環境の影響か、私はコミュニケーションにおいてかなり人が期待していることを想像して脳がフリーズすることがあります。
間違いなく強烈な過去に影響を受けているのでしょう。
このように私の場合は生まれ持ったものと環境で、このような二面性を持つことになったのかもしれません。


こう考えるとやはり家庭で子どもの特性を大切に育むことは、彼らのその後の人生を大きく左右するだろうと想像させますね。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ありのままの自分に「戻る」

為末さん、茂木さんのツイートもShuさんの体験も非常に興味深く読ませていただきました。

日本では、今でこそマシになってきたと言われていますが、就活における学歴や理想の人材像だったり、結婚相手の年収は◯◯万円以上、みたいな根拠やその意義が疑わしい条件や理想を掲げて、お互いがお互いの「ありのままの姿」を認めないような無言の圧力が、いまだに存在していますね。

ボクはひねくれ者だったので、小さな頃は親だったり学校だったり、あらゆる事に徹底的に反発してきたので、ここで言われているような「ありのままの自分」を失った”いい子”にはなりませんでしたが、反発しすぎた結果「ありのままの自分」を失った”どうしようもない子”になってしまいました(汗)。

ある程度「ありのままの自分」を掴むことが出来るようになったのは、居合を習い始めてからです。授業でもお話させていただいたことのある、禅の気風が極めて強い”無外流”の居合です。

思い込みを捨てる、そして為末さんも仰っている「期待をしない」というのが、まさに居合を通して教えられた事でした。

ヨガのティーチャートレーニングで習ったヨガ哲学でも、似たような事が出て来ました。

そこでは、相手への反応ではなく、ありのままの自分の心に従って行動する、という事が言われていました。

反面教師に過剰に反応した結果どうしようもない子になってしまった自分の経験に照らして、そのあたりに注意しながら、ありのままの自分に立ち戻っていただけるようなトレーニング指導を心がける毎日です。

Re: ありのままの自分に「戻る」

ゆっきー

久しぶりのコメントありがとう!
いつも興味深いコメントでブログ記事も価値が上がります。
感謝!

「ありのままの自分でいる」ということに関しては、カナディアンは見事だね。
ミラーニューロンの話なんか聞いてると、協調性を重んじる日本人には「ありのままの自分でいる」ということは根本的に難しいスキルなんじゃないか?って思うこともできる。

先日ふいにオンラインの自己分析をやってみたら、2つの相反する「完璧主義」と「楽観主義」が自分の強い特徴として出てきたけど、これってオリジナルの自分と過去の環境で作られた(演じている)自分の表れか?って思ったよ。

でも私生活では「完璧主義」の自分が「楽観主義」を抑え付けているのがよく分かります。
おそらく過去に「楽観主義」で失敗した経験をたくさん持っているからだと思うし、それを強烈に親にも否定されていたからだと思います。

自分の場合、必要な時に必要な「自分」が役割を果たしてくれないと、この厳しい社会を強く生き抜くことはできないと思ってます。

「ありのままの自分でいる」ことは忘れてはいけないことだけど、常にそうあるのは現代社会では難しいよね。
忘れがちな現代人にはゆっきーのような指導者が必要です。

まずは、両親を認めること。受け継いでいる気質を分析することかな。エモーションが強くて、哲学的とか、弱者に優しい、自己確立性の高さ、行動力、自律性とか。

Re: タイトルなし

一哉くん

コメントありがとうございます。
勉強になります!
なるほど、まずは身近な親からですね。
逆に親としての自分を考えると、まずは子供の個性をありのまま認めているのか?再確認させられました。