RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.03
09
Category : スノーボード
「BURTON US OPEN 2012」スロープスタイルファイナル結果です!!

天気が晴れたり雪が降ったりと大きく変化する日でした。
コースはかなり硬かったようですよ。
明らかに各選手のパフォーマンスにその影響が出ていましたね。
メジャーな選手もやられました。。。

Slopestyle Men Final

1 Sebastien Toutant CAN
2 Ulrik Badertscher NOR
3 Seppe Smits BEL
4 Hans Mindnich USA
5 Emil Ulsletten NOR
6 Eric Willett USA (FLUX Bindings)
7 Eric Beauchemin USA
8 Janne Korpi FIN
9 Christian Haller SUI
10 Maxence Parrot CAN
11 Sage Kotsenburg USA
12 Robby Balharry CAN (WESTBEACH)
13 Chas Guldemond USA
14 Scotty Lago USA
15 Antoine Truchon CAN
16 Ian Thorley USA
17 Brage Richenberg NOR







詳細はこちらから!

カナダのSebastien Toutantが優勝するために用意していたお決まりの形で優勝!
やはりダブルコーク1260&1080、ジブのアウトで縦回転をビッタリ決めれば勝ちますよね。

2位は随分前に「気になるライダー」シリーズでその飛び抜けた運動センスを紹介したUlrik Badertscher
昨年からかなり名前が出てくるようになってきましたが、今回のパフォーマンスは最高!!
そのオリジナリティー、難易度、完成度は素晴らしかった。
完全なフラットの1260、ダブルコークをノーズグラブ、キャノンボックスをダブルフロントフリップアウト!
観戦していた選手たちが一番歓声を上げていました。
個人的には1位、もしくはMVPです!

3位にSeppe Smits
硬いコースに苦しめられましたが、しっかり1本決めてきました。

昨年のチャンピオンで7位のEric Willett(FLUX Bindings)もコースの硬さに苦しめられた一人。

8位に終わったJanne Korpiはパイプでも大活躍の両刀使い。
スロープも上手かった~。
現在TTR総合ランキング3位です。

10位だったカナダのMaxence Parrotは今ファイナル最年少の17歳。
ダブルバックフリップ、ダブルコーク1080、キャノンボックスのBSロデオ540アウトなどはお見事!

12位だったこちらもカナダのRobby BalharryWESTBEACHライダー!
WESTBEACHライダーがこんな大きな大会シーンに登場するのは初めてかも?

今シーズン半ばにブラッコムのパークにエアバッグを置いてコースを貸しきったカナディアンチーム。
今ファイナルには4人のカナディアンが出場しましたが、どんどんカナダが力を入れている結果が出てきていると言えるでしょうね。
さあ日本はどうする?!

久しぶりにスロープで出てきましたScotty Lago、かっこよかった!
失敗したもののそのスタイルはピカイチでした。
撮影などであまり練習はしていないようです。

男子は最近若手がどんどん出てきているように思います。
常連の選手というのが減ってきていますよね。



では女子のファイナルの結果を見てみましょう。

Slopestyle Women Final

1 Jamie Anderson USA
2 Kjersti ?stgaard Buaas NOR
3 Enni Rukaj?rvi FIN
4 Sina Candrian SUI
5 Shelly Gotlieb NZL
6 Joanna Dzierzawski USA
7 Jordie Karlinski USA
8 Spencer O?Brien CAN







女子のファイナルの詳細はこちら!

今回は個人的にJamie Andersonのレベルの違いが明確に見えてしまいました。
この硬いコースであのトリック難易度をあの安定感。
彼女なら900のコンビネーションくらい出すポテンシャルがありますが、周囲のレベルが彼女に追いついてこない為に彼女のパフォーマンスもここで止まっているように思います。

2位のKjersti Ostgaard Buaasの滑りは非常に力強い!
筋肉系の滑りです。
しかしながらBS360のスタイルはかっこ良かったし、FS720も良かった!

3位になったEnni Rukajarviでしたが、個人的な感想では2位です。
確かにジブで危ない場面はありましたが、それでもスピンのコンビネーション、安定感は2位でも良かったです。

Shelly GotliebはBS900を狙ってきました。
スタイルもかっこいいし、バックフリップも出せるそうです。
素晴らしい!

Spencer O'Brienはこのランディングの硬さに合わせられなかったようでしたが、1発目のジブ(BSノーズプリッツェル)はお見事だっただけに残念!

今大会の全動画はこちらから観れます!



明日はハーフパイプのファイナル!
4人の日本人選手、そしてShaun Whiteが登場です!!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント