RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.03
08
Category : 未分類
暖かいせいか、板が滑っていなかったようです。

それでは女子ハーフパイプセミファイナルの結果です。
以下の7名がファイナル進出を決めています。

1 Elena Hight USA
2 Arielle Gold USA
3 Gretchen Bleiler USA
4 Ellery Hollingsworth USA
5 Hannah Teter USA
6 Yuki Furihata JPN
7 Ursina Haller SUI



本日1位通過のElena Hightは中盤こそ高さを失いましたが、1発目のメソッドの高さ&最後2発のトリック難易度(BS1080、アリウープBSロデオ)がお見事!

4位通過のEller Hollingsworthは安定した高さ、BSロデオ(チャックフリップ)、FSロデオ720、キャブ900など見事なパフォーマンス。

5位通過のHannah Teterはさすがオリンピックメダリスト。
安定した高さは一番。
トリックはシンプルでしたが、スピンはなかなかの高さで安定してました。

しかしアメリカは層が厚い。。。

日本の降旗ユキ選手が6位で通過。
ユーロオープンで見せたものと全く同じ縦回転3発。
ファイナルでは高さがほしいですね。

同じく日本の山岡ソウコ選手(FLUX Bindings)は、1本目の1発目マックツイストでリップランディングで激しく転倒。
その影響で2本目はスピードを抑えて高さが出ず。
スピンもリバートするなど、7位であと一歩ファイナルに届かず。

Kaitly Farringtonはエアこそ低いものの、そのスタイルとトリッキーなルーティーンはピカイチ!
惜しいなあ~!

今回の女子カテゴリーでは縦回転は完全にスタンダードとなってます。

ファイナルではこのメンツに過去2年のUSオープンチャンピオン(Kelly Clark)がリストに入ってきます。

詳細はこちらから!




そして日本人選手がたくさん出場した男子ハーフパイプセミファイナルの結果!!
なんと33名の中の10名が日本人選手でした!

1 Greg Bretz USA
2 Danny Davis USA
3 Louie Vito USA
4 Ryo Aono JPN
5 Zack Black USA
6 Matt Ladley USA
7 Iouri Podladtchikov SUI
8 Kohei Kudo JPN
9 Janne Korpi FIN
10 Christian Haller SUI
11 Benji Farrow USA
12 Markus Malin FIN
13 Taku Hiraoka JPN

14 Scotty James AUS
15 Jan Scherrer SUI
16 Keito Kumazaki JPN
17 Shuhei Osanai JPN
18 Luke Mitrani USA
19 Ayumu Hirano JPN
20 Ayumu Nedefuji JPN
21 Spencer Shaw USA
22 Joseph Mensch USA
23 Stale Sandbech NOR
24 Manuel Pietropoli ITA
25 Kyle Mack USA
26 Eiju Hirano JPN
27 Scotty Lago USA
28 Roger Kleivdal NOR
29 Masakaze Yoshida JPN
30 Jack Mitrani USA
31 Shuhei Sato JPN
32 Brett Esser USA
33 Tore Holvik NOR

現在日本のトップハーフパイプライダー3名がファイナル進出を決めています!

青野選手(FLUX Bindings)、工藤選手、平岡選手は見事な、しかし抑えたパフォーマンスでしっかりファイナル進出を決めています。

その他の日本人選手は、
1.完成度(ボトムラン、ランディング、グラブなど)
2.安定した高さ
3.トリック難易度
これらにおいて上位選手に及びませんでした。

しかしながら日本人選手の層の厚さは素晴らしいです。
これだけの才能を持った集団がなかなか世界のトップとして戦えない理由は何でしょう?
アメリカも層が厚いですが、日本のタレントも負けていません。
しかしアメリカの選手層には及ばないのは、その競争環境の高さにあると思います。
アメリカではスノーボードがスポーツメディアで大きく取り上げられるので、そこに自然とお金が集まり、そして才能のあるライダーも集まります。
そこでプロとして成功することに夢が生まれるのです。

日本にはこのような環境は期待できませんが、布施プロや国母選手のように更なる上を目指すハングリー精神があれば、日本人選手ならいくらでも世界のトップで戦う選手が生まれる可能性があります。

特に今回最年少でセミで戦った平野歩選手(13歳)の育成方法は注目です。
誰がどのように彼を導いていくのでしょうか。

その平野選手ですが、国母選手がUSオープン2位になったのが14歳の時ですから、もしかしたら来年あたりから化けてくるかもしれませんね。
とはいえまだ結果を求めてはいけない年齢です。
18歳くらいに選手としてのハイパフォーマンスを目指す育成が好ましいでしょうね。

さて、ファイナルでは過去4年のUSオープンチャンピオン(国母選手、Shaun White)がリストに入ってきます。

男子の結果詳細はこちら!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント