RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.03
03
Category : スノーボード
相変わらず春のような陽気の大会会場でした。
パイプも昨晩冷えて硬くなったコースも日中の日差しで解け気味。
よく滑る上に怖さを感じない良いコンディション。

1 Kelly Clark USA
2 Gretchen Bleiler USA
3 Yuki Furihata JPN
4 Cilka Sadar SLO
5 Ursina Haller SUI
6 Soko Yamaoka JPN (FLUX Bindings)
7 Sophie Rodriguez FRA
8 Queralt Castellet ESP

詳細はこちら!

またアメリカの2強(Kelly Clark、Gretchen Bleiler)が1&2フィニッシュ。
アメリカの女子選手は跳びが大きくてトリック難易度が高いですが、スタイルがなくて見てて面白くないですね~。



それより日本の降旗ユキ選手の3位!
ジャッジが縦回転を複数出したことに高い評価をしたようです。
ケガで手術してから長く大会では名前を聞かず、気が付けば日本女子もティーンが台頭し始めていましたが、降旗選手の縦回転3発は(高さこそ足りませんが)トリック難易度と完成度においてまだまだ十分戦えるスキルを持っています。
これから少しずつ高さを出していくトレーニングを積めば、まだまだ世界大会での活躍に期待ができます。


Cilka Sadarはそのスタイルのかっこ良さとスムーズなパフォーマンスで4位。
1本目に大きなBS540で転倒し、2本目からは高さを抑えてきました。
3本目は中盤から高さを出してシンプルなトリックルーティーンにも拘らず高評価をもらいました。
しかし彼女も上手い!
高回転を出すようになると非常に面白いのですが。

Christian Hallerの妹Ursina Hallerが見事なFS900などで5位。
このFS900は今や普通に出すトリックになり始めましたね。

日本のエース山岡ソウコ選手(FLUX Bindings)も出したトリックは良かったですが、各スピンのランディングや高さなどの影響でポイントが伸びなかったようです。

期待のQueralt Castelletは思うようにパフォーマンスができず転倒の連続。
しかしそのポテンシャルはやはりずば抜けていました。
残念!




そして男子の結果!!

1 Iouri Podladtchikov SUI
2 Danny Davis USA
3 Ryo Aono JPN (FLUX Bindings)
4 Christian Haller SUI
5 Markus Malin FIN
6 Stale Sandbech NOR
7 Nathan Johnstone AUS
8 Tore Holvik NOR
9 Jan Scherrer SUI
10 Fredrik Austbo NOR
11 Hiroki Suwa JPN
12 Tim-Kevin Ravnjak SLO
13 Janne Korpi FIN
14 Manuel Pietropoli ITA
15 Shuhei Osanai JPN
16 Peetu Piiroinen FIN

詳細はこちら!

優勝はI-Pod
これでTTRハーフパイプランキングでトップ。


2位のDanny Davis(まだ23歳!)かっこ良かった~!
パイプの入り方もわざわざ180インしたり、ライディングスタイルもオリジナリティーがあって最高!
今一度もっとトレーニングを積んで全盛期のパファーマンスを見せてほしいです。


日本の青野令選手(FLUX Bindings)が3位!
普段の自分のルーティーンをきれいに決めた1本目のポイントでしたが、なぜこの点数止まり?
3本目にはFS900をFS1260に変えてきても今一ポイントは伸びず。
ジャッジが変だ。
個人的な評価では1位か2位でした。
おそらく3本目はFS1260にFSダブルコーク1080かBS1080を加えようと考えてたはずですが、FS1260で転倒。。。
今回の結果でTTRハーフパイプランキングは2位。


Stale Sandbechはトリックの難易度は高かったですが、エアの高さが不十分。
しかしスロープだけでなくパイプでもこれだけのパフォーマンスはお見事!

日本の諏訪博紀選手(30歳)の1本目のパフォーマンスも高さ&トリック難易度共に素晴らしかったですが、スピンのランディングに少々強引さが見えたかもしれません。
しかしこのポイントは低すぎ。。。
ジャッジに納得できません。

Tim-Kevin Ravnjakはファイナルの最年少15歳!
日本のジュニアもレベルが非常に高いですが、彼の高さとパフォーマンスも良かったです。
日本ジュニアも同じですが、これから20歳までにどう育つか、注目です。

Fredrik Austbo
に密かな期待をしていましたが、少々パフォーマンスが雑でした。
しかし高さもスタイルも目立ってました。
3本目のパフォーマンスは高さがあったしスタイルもかっこ良かった。
特にあまり(ポイントに繋がりませんが)BSアリウープは特大!

小山内修平選手(17歳)もポテンシャル高いですが、今回はスピンの抜けがどうも横っ飛び気味でランディングに苦労してました。
このような大きな大会でファイナルを滑った経験は今後大いに役に立ってくるでしょう。

どうでもいいのですが、今回「Kissmark」の選手が3人(小山内修平、Janne Korpi、Markus Malin)もファイナルにいました。

さて、アメリカのUSグランプリはどうなったでしょうか?
もしかするとShaunが出てくるのか?!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント