RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.03
01
Category : スノーボード
スロープスタイルのファイナルの結果です!!
この日もとても暖かく、解けた雪でかなりスピードに苦しんだようです。



1 Aleksander Ostreng NOR
2 Roope Tonteri FIN
3 Peetu Piiroinen FIN
4 Ville Paumola FIN
5 Seppe Smits BEL
6 Janne Korpi FIN
7 Sebastien Toutant CAN
8 Emil Ulsletten NOR
9 Torgeir Bergrem NOR
10 Stale Sandbech NOR
11 Sven Thorgren SWE
12 Nuutti Niemel? FIN
13 Eric Beauchemin USA
14 Christian Haller SUI
15 Mark McMorris CAN

詳細はこちら。

ノルウェーとフィンランドの北欧(スカンジナビアン)勢がファイナリストを占め、最終結果もスカンジナビアンが123フィニッシュ!

ワールドスノーボーディングチャンピオンシップでも活躍した、現在一番勢いに乗っているAleksander Ostrengが優勝!
そのパフォーマンスの完成度は確かに今回一番でした。
ジブとジャンプでもファイナルに求められる難易度のトリックをビタリと決めました。


同じくワールドスノーボーディングチャンピオンシップでそのずば抜けたポテンシャルを披露したRoope Tonteriが2位!
ここらへんはもうどっちが優勝でもおかしくないパフォーマンスでした。


この非常に勢いのある今回の上位2名の名前は、今後の表彰台でよく聞くことになるかもしれません。

完全復活のPeetu Piiroinenが3位!
ジブも良かったし12+12のコンビネーションもビタ着!
パイプもスロープもここまでできるって凄いです。
圧巻!


Ville Paumolaは1本目にいきなりスーパースムーズなパフォーマンスを見せて、そのポイントで4位。
トリック難易度も高いし、スタイルも超かっこいいです!
この選手は今後大注目したいですね。

5位のSeppe Smitsの12+12のコンビネーションもスムーズ。
ジブがシンプルだったかもしれませんが、もう少しポイントあっても良かったような。

6位のJanne Korpiもジブ、ジャンプ共に非常に素晴らしいパフォーマンスでしたが、飛距離の影響でしょうか?あまりポイントが伸びませんでしたね。

7位という結果に終わったSebastien Toutant
今回は2本目まで最後のダウンレールまで凄いパフォーマンスにも関わらず、なぜかそのダウンレールだけ転倒するという、彼にしては珍しい失敗も。
3本目もジャンプが終わるまではブッチギリで良いパフォーマンスなのに、最後のレールセクションで消極的&不安定なパフォーマンス。
それでも3本目のパフォーマンスはトップ3人と比べても劣らない、むしろトップ3にいておかしくない素晴らしいパフォーマンスでした。
MCもこのポイントにビックリしてました。

Stale Sandbechは10位。
もっとポイント付いても良いパフォーマンスだったのになあ。。。
ジブでもう少しアタック掛けるべきだったか。。。

17歳のSven Thorgrenはいいパフォーマンスでしたが、シンプルなジブと回転数などでポイントが伸びず11位。

13位のEric Beaucheminはワールドスノーボーディングチャンピオンシップのスロープで4位。
スタイルは今時のパークライダーがそのまま大会に出ている感じで、もちろんジブは上手くてスタイリッシュ、ジャンプで回転数を上げてくれば面白いことになりそう。

Mark McMorrisは今回も最後まで調子が出ませんでした。
2大会連続で自分のパフォーマンスができないなんて、きっと何か起きてます。

とにかく男子は非常にレベルが高く、順位はこのような形になりましたが、誰が何位でもおかしくないレベルだったと思います。
ジャッジングも?マークがあちこちで出るような内容でしたが、確かに難しいジャッジだったと思います。



そして女子の結果!

1 Jamie Anderson USA
2 Enni Rukajarvi FIN
3 Isabel Derungs SUI
4 Spencer O'brien CAN
5 Cilka Sadar SLO
6 Sina Candrian SUI
7 Kjersti Ostgaard Buaas NOR
8 Silje Norendal NOR

詳細はこちら。

Jamie Andersonがまたまた勝ちました。
その安定感とコンビネーション、ジブのスキルでポイントはブッチギリ。


2位のEnni RukajarviはSWBS540、FS360、BS540、Cab720のコンビネーションを超スムーズに大きく決めました。
確かにジブはシンプルでしたが、1位とここまでポイント差が出るのは納得いきません。
彼女とJamieがやったスピンはなんと全部一緒。


3位のIsabel DerungsはBSロデオ540にSWBS540というコンビネーション。
ファイナルの大きなジャンプでは誰も出さない縦回転が高く評価されたようです。


Spencer O'brienは安定感に欠け、合計回転数も少なく4位。
1本目の安全なランでのポイントが4位だったので、最後3本目の転倒が痛い。。。

今回このようなコース状況だったので、女子選手も思い切って720や縦回転を出してきましたね。
900にトライした選手もいましたよ。
もっともっとレベルを上げる次世代ライダーの登場が待ち遠しいです。


ファイナルの全動画はこちらから!



明日はハーフパイプのセミファイナルです!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント