RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2012.01
28
Category : スノーボード
Men's Snowboard Slopestyle

FINAL

1 Mark McMorris 90.00 93.00 8.33 93.00
2 Sage Kotsenburg 30.00 37.66 88.00 88.00
3 Peetu Piiroinen 60.00 70.00 86.00 86.00
4 Sebastien Toutant 83.66 47.66 21.66 83.66
5 Seppe Smits 26.00 40.66 79.33 79.33
6 Gjermund Braaten 29.00 78.66 17.00 78.66
7 Eric Willett 38.66 63.00 37.00 63.00
8 Torstein Horgmo 28.33 24.00 29.66 29.66





なんと18歳のMark McMorrisがBigAirに続いて2冠を達成!

今大会のコースはジャンプとジャンプの間が非常に近く、スピード調整に皆が非常に苦労したそうです。
Markのジャンプの完成度、900、1080、1260、フリップと全てのスピンバリエーションも見事でした。
それに加えジブの見せ方も良かったですね。
FSブラント(テール)450アウトなんて非常にオリジナリティーがあって素晴らしかったです。

しかしとうとう先輩のSeb、この世界のカリスマTosteinを超えるスゴイ記録を残してしまいましたね。
ここまでチャレンジャーだった心理も、今後はディフェンディングチャンピオンの心理で臨まないといけません。
そんな心理状態で今後の成績に注目です!



2位にやっと成績が出た、こちらも17歳のSage Kotsenburg
2年前からSeb、Mark、Taylar、Staaleと共にスーパーユースとして大会で注目浴びた選手。
しかし昨年のBigAirでは3位でしたが、ここまで高いスキルを見せながらもなかなか成績が残りませんでした。
今回はこの難しいコースで何度も手を着きそうになりながらも、SWBS1080、Cab1260、FS1080、BS1260という見事なスピントリックコンボを見せてくれました。
よく見れば凄いルーティーンですね。
本人はインタビューで「最初の2本がひどかったんだけど、3本目にあのパフォーマンスができたのは多分メンタルコントロールするのが上手くなったからじゃないかな。大抵最初は皆アドレナリンが出てハイになってしまうけど、そこを下げれることができたんだね。」と言っています。



3位に久しぶりに大会に出てきたPeetu Piiroinen
昨今の競技専門化の流れの中で、今でもパイプもスロープもトップで戦えるスキルを持つ数少ない選手です。
しかしPeetuは流石に上手かった。
見えないところで練習をしていたんでしょうね。
最初のウォールの使い方は非常に上手い。
そしてジャンプでは、SWBS1080コーク、Cabダブルコーク900、BS1260、Cab1080。
Cabが2つ入るところはトリックバラエティーにおいて足りなさを感じますが、ダブルコーク&1260はしっかり入れてますし、その完成度も見事でした。
本人も今回のコースは過去最高に難しいコースだったとコメントしています。
見事な復活と言いましょう!


4位に1本目に非常に完成度の高いランを見せたにも拘らず、スピンの回転数が1080止まりだった為ポイントが伸びなかった昨年のチャンピオンSebastien Toutant
2本目以降は最後のジャンプでダブルBSロデオ900を1080に上げるなど回転数を変えてきましたが、少々飛び過ぎでランディングが合わせられず残念な結果に終わりました。
とは言えその抜けとランディングの力強さはインパクト抜群です。
明らかに見栄え、迫力が他の選手と違いましたし、各トリックの完成度も非常に高かったです。
コースがもう少し滑りやすければ、間違いなく優勝候補でした。

他の選手はとにかくコースの難しさに最後まで対応できなかった印象がありますね。


以下は優勝したMarkがBigAir優勝の後に受けたインタビューからの抜粋です。

You and Mikkel have a new trick?
Mikkelと新しいトリックの練習してできるようになったんだって?

Yeah, we learned frontside double cork 1080s the other day. We were in Breckenridge and were like "Let's learn a new trick," and we did. We both landed it in our run today.
そうなんだ。俺達FSダブルコーク1080できるようになったんだよ。ブリッケンリッジで2人で何か新しいトリックやろう!って言ってやったんだよ。そんでできたんだ。2人とも今日の予選でしっかり決めたよ。

But Mikkel didn't qualify for the finals?
でもMikkelは予選通過できなかったね?

Yeah, it sucks. He landed his first run great, but you don't always get scored as high on your first run as you do on your second. He should have made it in.
そう、ひどいよ。1本目は素晴らしかったんだ。でもいつも1本目が2本目を上回るスコアをもらうわけではないんだ。彼はファイナルに残るはずだったね。

Is the frontside 10 a hard double? There aren't a lot people who can do it?
ところでFSダブルコーク1080ってトップ選手が皆やってるけど、そんなに難しいの?

Oh no, there are a lot of people who can do it. I was just a late bloomer on the trick. I always did front 10 flat. Same with Mikkel. Seb [Toutant], Torstein [Horgmo] and Eric [Willett] can all do it. The front 10 double is definitely a little bit scarier than the other doubles because it's kind of blind, but it's been working out for me. I like doing them, so I'm going to keep doing them.
そうそうできる人いっぱいいるんだ。自分は遅かったんだよね。自分はいつもFS1080ってフラットになってたんだよ。Mikkelも一緒でね。 Seb [Toutant], Torstein [Horgmo] and Eric [Willett]あたりは皆できるよね。FSダブルコーク1080てランディングが背中側で見えないから結構怖いんだよね。でも今は結構慣れてきたんだけど。このトリックは好きだし、これからはどんどんやっていくよ。

How's the slopestyle course?
今回のスロープのコースはどう?

It's interesting. That's my word for it. It can be really good, or really bad. The jumps are really tight together. I managed to do it, but there wasn't enough speed for a lot of people during elims today. But then when it's running fast there's too much speed, because the jumps come so fast and it's hard to do speed checks when you come down and have to go immediately straight back up. It's pretty fun when you get a good run in it, though.
面白いってのが自分の印象かな。まあすごい良い結果が出るかすごい悪い結果が出るかの両極端かな。ジャンプがすごい近いんだ。自分は結構合わせたけど、みんな今日の予選ではスピードが足りなかったようだね。でもスピードがうまく乗った時はスピードが出過ぎるんだ。ジャンプはあっという間に来るしその状態でスピード調整して次の準備するのはすごい難しいんだ。その分決まった時は最高だけどね。

How do you think it's going to be at night?
夜のライディングはどう??

We've been doing practices at night and it's so much fun. I love riding at night.
もう夜の練習したけどすごい面白いよ。夜滑るの好きだね。


他にも子どもの頃に教わったコーチなどについて。
「彼は本当に上手くて素晴らしいコーチだったよ。パークなんて行かなかったよ。特にパウダーの日は絶対パークに行けないんだ。それが今の強い自分を作っているんだよ。もし本当に上手くなりたかったら、まずはフリーライディングでボードコントロールを学ぶべきだね。」
と言っています。

同感!!

またMarkは今回ファイナルに進みながらも結果が出なかったGjermund [Braaten]を最高のスノーボードフレンドだと言っています。
今回も「いつも一緒に滑ってる友だちとずっと一緒の大会で滑るなんて最高に楽しい」、また「やっぱり楽しくないとスノーボードじゃないよね」とも言ってます。

今回1位と2位だった選手には来週カナダのBC州Baldfaceで開催されるTravis Riceが企画する「Red Bull Supernatural」のワイルドカードを与えられています。
2人とも知らなかったし、かなり怖がってます。
自然の山の中に自然の木やナチュラルヒットを使って競う超注目のニューイベントです!



明日はとうとう最終日!
パイプ競技で日本人選手が大暴れしてくれるでしょう!!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

Mark強し・・・
見たかった~
日本でも見れないものか・・・
せめてハーフパイプだけでもいいから見たいです。

Re: No title

たくさん
コメントありがとうございます。
Markは今年から「本物」に化けましたね。
周囲がコースに苦しむ中、一人だけ完成度が高かったと思います。
X-Gameは今後1年で6回の大会を開催する予定との話もあります。
もしかしたら日本開催も?

No title

いや、しかし凄いコースですね。。。
ランディングとアプローチが完全に一体化してますね。
にしても、凄い設計技術です。
そして凄いお金のかけ方です。
協賛がないにしても日本の大会は酷いものです。
プロ戦でも10m程度の3連なんてたまに出てきますからね。。。
やはり環境は大切ですね。

日本開催。あるとしたら、本当に楽しみです!

Re: No title

たくさん

日本の事情にもお詳しいようですね。
私も勉強になりますのでまたコメントお願いします。