RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.12
04
Category : 未分類
今回は同じアイテム上の同じトリックを2つのトリックティップで比較してみましょう。

最近パークでよく見る、雪面から上に突き出しているBOXやレール(今回はPoleJam)です。
これをスピンアウトするのが最近のスタンダードトリックになってきていますね。
今回は2人ともフロントサイドにスピンしています。

まずはChasが教える比較的簡単なアイテム上+少ない回転数(270)のものから。

"Droppin in with Chas" Trick Tip # 4 from CHAS GULDEMOND on Vimeo.


<解説>

1.十分なスピードでポールジャムにアプローチ
2.レールの上では低く構えてフロントサイドスピンに備えて上半身をひねっておく
3.出口に来たら蹴って
4.空中でヒザを引き付け
5.頭と肩をランディング方向に回す
6.トーエッジ側でランディング!




次はより大きなアイテム上+360スピンアウト。
ライダーのMarko Grilcは何度かこのシリーズでも出てきましたね。



<解説>

1.まずはスピードを知る為にストレートで確認しておこう
2.アプローチではトーエッジに乗せて足場を作り
3.ポールに乗る3フィート(約90cm)手前から板をフラットにしてポールに乗ろう
4.出口でPOP!
5.POPして抜ける前に上半身を回転方向に捻ることで自然に回っていくよ
6.空中ではヒザを引き付けてスタイルをキープ
7.ランディングを確認してランディング!

ポールにトライする前に、まずはジャンプやBOXでフロントスピンを確認しておこう。



いかがでしたか?
エッジを掛けずにスピンを仕掛けるのは難しいですよね。
板がフラットでもしっかり蹴ることができれば回しやすいはずですよ。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント