RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.11
26
今回はアメリカを代表するスロープスタイルのトップ選手「Chas Guldemond」によるトリックティップを2つご紹介しましょう。

まずはシンプルなBS180スピン。
しかし180とは言えグラブの位置でその難易度とスタイルの出し方は大きく変化しますよ~。



<解説>

一番大事なのがアプローチだよ。

1.ジャンプに向ってヒールエッジに乗ってアプローチ
2.ジャンプの反りに上がって半分位まで来たら(本当に)軽くトーエッジに乗せて上がっていこう
  しかし感覚的にはフラット!
3.下半身は低くして踏み切りのPOPに備えよう
4.体をジャンプの角度に合わせて平行(四角)に構えて
5.抜けると同時に軽く回転方向に体を回そう
  180しか回らないので強く回し過ぎないように
6.空中でも体をしっかり四角に保って
7.首は少しずつ回していき
8.45度くらい回ったところでテールグラブ!
9.頭を入れすぎないようにボードの上で体を四角に保つ
10.ランディングを見て
11.ボードの上で体を四角に保ったままスイッチランディング!
  ランディングでは軽くトーエッジに乗っておくと安定するぞ
  決まったらそのまま家に帰ってミルクで乾杯だ!(笑)


日本では体を四角に保つという表現はしませんよね。
でも安定した姿勢をイメージするには非常に良い表現方法ですね。



"Dropping in with Chas" Trick Tip # 5 from CHAS GULDEMOND on Vimeo.



<解説>

1.まずはフロントサイド50-50と同じようにアプローチして抜けよう
2.ノーズがレールの上を超えるようにしっかりPOPしよう
3.ボードの下にレールが来たらノーズをプレスしてロック!
4.体重を前足に乗せるように前肩を前方に落としこみ
5.レールの出口で上半身を回し始め
6.踏んでいたノーズをはねて
7.頭、肩に下半身が着いて来てバックサイド180
8.ランディング!


ダウンレールなのに前方に体重を掛けるなんて、怖いですよね。
上半身は50-50、下半身は後方に引っ張る(置いてくる)感覚ならどうでしょうか?
ノーズプレスからのバックサイド180は緩斜面で十分練習しておきましょう。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント