RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.11
15
以前は「フロントフリップ」は紹介したことがあります。
「バックフリップ」はランディングがよく見える分、おそらく「フロントフリップ」よりトライしやすいでしょうね。




<解説>

1.スピードに気をつけて
2.ジャンプやランディングに誰もいないことを確認して
3.しっかり「やるぞ!」と決意すること!
4.前の手を上に引っ張り上げ
5.リップを蹴って
6.グラブ(Jaredの場合はインディー)してホールド
7.目線はまずは空、次にランディングを確認
8.ランディング!

● パウダーの日にやるのが安全だね。
● まずトランポリンなどでスノーボード(エッジにはテープ)を履いて練習しておくと好いよ。
● もちろんアイシー(アイスバーン)な日はやらない方がいいね。


胸を正面に向けるか横を向くかで回し方は少々変わってくるでしょう。
胸を正面に向けて抜くとFS180が入りやすいです。
Jaredのようにインディーグラブをすることで横回転が抑えられるかもしれません。

横を向いて抜く場合は「バク宙」というより「側宙」になりますね。
使う筋肉は正面の腹筋より横の体幹筋を使うことになりますね。
頭もアゴを上げるというより首を横に倒すことになります。





<解説>

1.アプローチは普段通り
2.ただ板をアイテム(レール)に対して平行に抜けること
  斜めになるほど乗ってから横に滑って落ちる事になるので
3.板が半分リップから出たらしっかりオーリー
4.板がレールの真上に来てから板を90度振る
  板が抜けてすぐ板を振ろうとするとテールをぶつけて。。。
5.板はレールの上にフラットでランディングして
6.後ろ足を蹴り出し
7.肩の上か下からランディングを見る
8.レールの出口では肩を元に戻し(蹴り出していた)後ろ足を引き上げる
9.ランディングではトーエッジを食い込ませると安定するよ


以前もバックリップは紹介しましたね。
過去の物と併せて勉強してください。
まずは簡単なBOXからですね。
今年は自分も勇気を出してダウンレールでトライしてみようかな。。。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント