RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.11
11
Category : コーチング
私は現場で様々なレベル、目的を持ったスノーボーダーを指導しています。
オリンピックを目指す選手から本当の初心者まで。

時間が経つにつれて自分のコーチングスタイルのパターンができてきます。
しかし自分のスタイルなんていうものは、結局のところ自分の独りよがり、それを押し付けていただけとある時気付きました。

私が具体的にどのようなことを「独りよがり」と思ったか、本来隠したいような恥ずかしいことですが、私の個人的なメモとしてここに書き残したいと思います。


私がやっていた間違いは様々あったと思いますが、まずはその一つ。
中上級レベルのアスリートに行うコーチングをフリースタイルエントリーレベルのスノーボーダーにも行っていたということです。
レベルに合ったコーチング環境を与えることができなかったのです。
それは技術レッスンの話しではなく、例えば「目標設定」であったり「練習の進め方」などです。

短い1年間の中でプログラム名(アスリートプログラム)に相応しい知識と体験を与えたいという理由もあったのですが、結局毎年毎年エントリーレベルのフリースタイルスノーボーダーは迷ったまま卒業していきました。

自分もその当時はコーチとしてより未熟でしたので、一つのコーチングの王道があると信じていた感があります。
「これに沿ってやっていればちゃんと上達する」という勘違いした自信です。
今もまだ様々な勘違いはしていると思います。。。




さて、では具体的にどんな気付きがあったのかお話ししましょう。

● フリースタイルエントリーレベルの人間に(長期の)目標設定はあまり効果がない

なぜならまったく経験のない状態から明確な先(1年後、数年後。。。)のイメージは持てないからです。
例えば初級者が「2年後にはスポンサー契約ライダーになる」と言ったとしても、ほとんどの場合は言っただけで現実的に達成できると思っていません。
「なれたら良いなあ。。。」であって「思い込む」妄想レベルまでは行ってないのです。

よってまずは長期目標設定などは置いておきます。
そして「知識」&「経験」を同時進行で覚え込ませていき、スノーボード自体を理解していくよう導きます。
様々なスタイルのスノーボーディングを経験させ、同時に多くのスノーボード雑誌、ウェブサイトを頻繁に見る癖を付けさせ、スノーボードの歴史や最先端の情報を学びます。
そうすることで自分の本当に進みたい方向が明確にイメージできるようになり、短期的な目標から始まり少しずつ中期的、長期的なイメージを現実的に持てるようになっていきます。

エントリーレベルの場合でも、日々、毎週の(短期の)クリア課題(目標)を設定することならイメージしやすく、そして「目標達成できそう」と思えるのです。
まずは短期的な目標でやる気を持たせることが理にかなっていると思うのです。


● 「技術」の前に「遊び方」

どうやって楽しむのか?
まずは技術よりも心のベースを作ることが大変重要です。
自然に発生するモチベーション(楽しい)が、結果として技術練習や継続することにつながります。
このような自然な流れであるべきなのです。

私の管理する「アスリートプログラム」はもちろんお金をもらって提供する選手育成プログラムですから、その内容は非常に理論ベースで効率化されています。
極端なケースかもしれませんが、よく日本の部活動で「根性」ベースの練習をしてきた人は、スノーボードのような「遊び」ベースのスポーツでもつい真剣に(自分に厳しく)技術練習に取り組み、そしてその結果を自分で厳しく評価します。
そんな性格に加えてガチガチのアスリート育成プログラムにストイックに取り組んだら?
頻繁に上達を感じられたら良いですが、やはり「我慢」することが増えてくるでしょう。
そんな状態で継続できるのでしょうか?

また初心者に技術的なことばかりを教えると、トータルの運動コントロールではなく、局所的な運動にフォーカスしてしまうために、結果的に上達が遅れることもあります。
初級者はまず自分の「本能」を活性化させ、感覚(直感)的に運動をコントロールするバランスやコーディネーションに時間を費やすべきなのです。
自分なりの運動コントロール(感覚)を身に付けることを最重要とし、(補足として)細かな修正を加えるために技術レッスンを与えるのが好ましいと考えます。
本能を刺激するスノーボードとは「フリーライディング」であり、本能を覚醒させることは人間にとって最高に気持ちの良いことですから「FUN」を感じる事になると分析します。

初級者(フリースタイルエントリーレベル)へのコーチングでは

1.技術練習 30%
2.遊び方 70%


これ位が良いバランスだと思います。
これが逆転してくると「何でそのスポーツをやっているのか?」分からなくなってきます。



さて、勝手に書き連ねている自己満足シリーズが始まってしまいましたが、次回もできるだけ短く書くので読んでやってくださいませ。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント