RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.11
03
Category : スノーボード
Volkl Snowboards

ドイツブランドでスキーでは世界的に有名なメーカーですね。
早速私の今シーズンの板をご紹介しましょう!

「SQUAD PRIME 152」

DSC04460.jpg

DSC04461.jpg





それでは今回もメーカーサイトの充実した解説を写真でご覧いただきましょう。
直訳しているのか日本語が変ですよね。(笑)

Volkl 1


フリースタイルのツインチップモデル。
キャンバーボードなので、ノーズとテールが雪面に着いてボードセンターが上に浮いている板です。
レギュラーもフェイキーも同じ感覚で滑っていける、また板を踏んだ後の跳ね返りが強いというボードですね。
LIBTECKがバナナボードを開発するまではキャンバーボードしか無かったものです。
キャンバーの特性はターンの入り口も出口もしっかりエッジが雪に噛んでいるので、ターンやランディングが安定します。
逆にプレス系トリック(ジブ)は難しくなりますし、ノーズとテールのエッジを適度に削って(ダリング)おかないと余計にエッジが雪面に噛んで不安定さを感じたりします。

DSC04465.jpg

Volkl 3


板に記載されているテクノロジーの数々。

DSC04466.jpg


どんなライディングスタイルに適しているのか?分かりやすく図で表示されてますよ~。
搭載されているテクノロジー全てをご覧ください。

Volkl 2


「HORROR-SHOCK ABSORBER」について。

ホラーショックアブソーバーは2つの堅い木を重ねてノーズとテールのバインディング下に埋め込まれます。
Hの形をした木の層が全ての振動を防ぎ、大きいジャンプからのランディングの衝撃を吸収します。
このホラーショックアブソーバーはコンパクトカーのように軽く、SQUADモデルを強靭で安定するボードにしました。

Volkl 4

DSC04468.jpg


CARBON INLAYSについて。

ボード下層に使用されているカーボンファイバーはボードにしなやかさと強さをもたらします。
カーボンファイバーの張力の強さが反応時間を早くしています。
我が社の高品質カーボンはノーズからテール方向へ組み込まれ、これがクイックで心地良い反応を生み出すのです。
ライディングスタイルとカーボン特性に応じて、我が社は4種類のカーボンレイヤーを開発しました。

Volkl 6

DSC04471.jpg

DSC04472.jpg


TIP-TO-TAIL ULTRA-LIGHT WOODCOREについて。

我々のボードに特別に使用する超軽量ウッドコア、特に重さにこだわって選び抜かれた超軽量のポプラ・ウッドコアを使用しています。
この特別な低密度ウッドは安定性を失う事無く20%軽い素材となっています!
内部のカーボン・シート、トライアクシァル・シート、およびアラミド・レイヤーの組み合わせることで、新しい次元の軽量化を実現しました。
最高の安定性を持つ驚異的かつスムースなボードフレックスを生み出します。

見てください、この解剖図!!

Volkl 5


ノーズとテールの反りは結構短く、つまりエッジが雪面に着いている長さが長いと言うことですね。
152cmではありますが、雪面コンタクトは通常の155cmボード以上あるかもしれませんね。

DSC04464.jpg

DSC04463.jpg


インサートの穴は片方に8つが2列(8x2)。
左右の一番外の穴同士は66cm離れています。
内側の穴同士を計ると46cm。
片方の8x2の穴は外から内まで10cmです。

DSC04469.jpg


最後に私のステッカーチューン2種類!

DSC04899.jpg

004_20111013154622.jpg



このSQUADモデルにはキャンバーだけでなくロッカーシェイプのモデルも出ています。
それが「SQUAD ROCKER」
よりジブやパウダーライディングなどを容易にしてくれますよ。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント