RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.10
06
Category : コーチング
この夏にウィスラーの山の上で行われた「Biallbong Ante Up」TTR5スター大会。
以前このブログでも紹介しましたが、その大会に私の教え子「大久保富伊」選手が出場し、見事トップライダーの中に入って14位に食い込みました。
その時の様子をDMKが特集記事でアップしてくれています。

「ある無名の日本人ライダーが挑んだTTR 5 STAR大会」

彼が私の元にスノーボード修行に来た時は(こう言っては彼に失礼ですが)初心者あがりの超悪いクセの付いたターンができただけで、スノーボード業界のことなども何も知らないし、中学校あがりなので嫌なことはやらないし言うことも聞かないしというような典型的な思春期の少年でした。

思えばこの頃の年齢の少年に「心技体」とは?なんてことを理論的にいくら語っても分からなかったでしょうね。
今は自分ももう少し伝え方は上手になったとは思いますが。

しかし現在の彼は正に私がなって欲しかった形の選手になっています。
大好きなスノーボードのために「海外」での「生活」をコントロールし、「心技体」「思考力」を持って、確かな「プラン」を元に「自己管理」し、迷わず前進しています。
こんなことを最終的に自分で必要を感じて実践している様子がDMKの記事に書かれていますね。

私が伝えてきたことが今なら分かってもらえてるかなと思えば、やはり指導者としては幸せです。

彼こそ正に、強い「意志」の元、「努力」を重ね、才能を上回るパフォーマンスを見せている選手です。
彼が10000時間を達成するにはまだまだ時間があります。
それはつまりまだまだ伸び続けると言うことです。

もちろん計画の立て方を知らないといけませんが、現実的な計画を立て、そのプランに沿って正しく行動すれば、確実にそこに到達できるのです。
きっと彼は24歳で自分の思い描く自分に近づいているでしょう。

トミイよ!
君の成功は俺が信じることを証明することでもある!
前にも言ったが、強く自分の考えることを信じて前進しくれ!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント