RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.08
12
Category : スノーボード
Burton NZ Open 2011 スロープスタイル ファイナルの速報です!





<女子ファイナル>

TTR Tricks - Jamie Anderson Snowboarding Tricks at the Burton New Zealand Open from ttrworldtour on Vimeo.


1.Anderson, Jamie USA 20 BILLABONG
86.95

2.Østgaard Buaas, Kjersti NOR 29 ROXY
82.03

3.Karlinski, Jordie USA 21 BURTON
61.35

4.Van Gils, Charlotte NED 25 K2
40.03

5.Norendal, Silje NOR 17 NIKE6.0
38.53

6.Kikuchi, Tomoko JPN 30 NOVEMBER
31.90

7.Gotlieb, Shelly NZL 31 BURTON
20.63

8.Onitsuka, Miyabi JPN 12
0.00


やっぱり優勝はJamie Andersonですか。。。
相変わらず安定したシンプルなトリックでした。
SWBS&BS540、難易度の高いジブトリックが光ってました。
ランディングの安定感はさすがです。
なんと「GNU」に乗ってました。

2位Kjersti stgaard Buaasも巧かったですね。
おそらく出場女子選手では一番ボードコントロールが巧いのではないでしょうか。
失敗して流す時の遊び方で分かります。

3位にはアメリカの若手でBURTONがサポートするJordie Karlinski

7位のShelly Gotliebは3本目にダブルバックフリップを出してきました!
ナックルすれすれだったのでもう少し回りきらず転倒。
しかしかなり惜しいトリックでした。
これは女子もオリンピックまでにかなりなハイレベルになってくる予感です!

そして日本期待の(とは言えまだ12歳!)の鬼塚ミヤビちゃん。
予選をFS720などで1位通過!
しかしファイナルは棄権した模様です。
怪我したのでしょうか?
多分女子選手のほとんどがなかなか飛距離が出ずにナックルで転倒していたので、体が小さな彼女は練習時に断念したのかもしれません。

またもう一人の日本人ファイナリスト「キクチトモコ」選手。
FLUXライダーです!
(失礼ですが)年齢は大台に乗っていながら見事なパフォーマンス。
Cab720を決めてきましたが、その後のジャンプでナックルにランディングして転倒。。。
しかし山岡ソウコ選手(FLUX)のように、日本人女子は年齢をまったく感じさせない素晴らしいライダーがいますね。
まだまだ練習のやり方次第でオリンピックのメダルは可能ですよ~!





<男子ファイナル>

TTR Tricks - Mark McMorris Snowboarding Tricks at the Burton New Zealand Open from ttrworldtour on Vimeo.



TTR Tricks - Sebastien Toutant Snowboarding Tricks at the Burton New Zealand Open from ttrworldtour on Vimeo.



TTR Tricks - Stale Sandbech Snowboarding Tricks at the Burton New Zealand Open from ttrworldtour on Vimeo.


1.McMorris, Mark CAN 17 BURTON
90.90

2.Toutant, Sebastien CAN 18 O'NEILL
90.55

3.Sandbech, Stale NOR 18 OAKLEY
89.78

4.Flanagan, Tyler USA 18 VOLCOM
86.05

5.Badertscher, Ulrik NOR 23 QUIKSILVER
83.25

6.Tonteri, Roope FIN 19 BURTON
82.33

7.Braaten, Gjermund NOR 20 NIKE6.0
81.48

8.Humphreys, Tim USA 23 FLOW
80.73

9.Ostreng, Aleksander NOR 20 FORUM
74.73

10.Haller, Christian SUI 21 BURTON
72.78

11.Austbo, Fredrik NOR 23 QUIKSILVER
71.13

12.Reid, Charles CAN 21 BURTON
68.05

13.Neraker, Simen NOR 21 32 SNOWBOARD BOOTS
63.78

14.Smits, Seppe BEL 20 BURTON
45.35

15.Bergrem, Torgeir NOR 19 VOLCOM
45.33

16.Reis, Brandon USA 22 FLOW
36.60


やはり注目のカナディアンティーンエイジャーが1,2フィニッシュしました。
この2人は今大会明らかに別次元でした。
その安定感とトリック難易度は抜群です。
昨年のような優勝ルーティーンで優勝を決めたマークでしたが、実はセブの3本目の方が明らかに素晴らしかったです。
ライブ中継していたRedbullTVの司会者たちも、セブが滑り終わった瞬間に彼が優勝したと確信していましたからね。
しかしそこはジャッジスポーツ。
数値で出すと印象とは違う結果が出るものなんですね。

2位だったセブは飛距離、ランディングの安定感、最後のダブルバックロデオ1080などで圧倒的なパフォーマンスだったし、昨年のルーティーンにしっかり進化(ダブルバックロデオ1080)を加えてきました。
しかし今大会はまだ11-12シーズンの最初に行われている練習試合のようなものですから、順位など差ほど関係ありませんが。

3位には成長してきました!Stale Sandbech
昨季までは同年代のトップ選手(セブ、マーク、タイラー、セイジなど)に明らかに遅れを取っているように見えましたが、今大会のパフォーマンスは素晴らしかった!
難易度はやっと世界トップに追いつき、今回はなんと言ってもそのランディングの安定感が目を見張りましたね。
セブのような力強さはありませんが、ランディングはまるでストレートエアのように真っ直ぐ立つ印象が強かったです。
縦系の回転が入ってくると面白くなるんですが。

4位にも上位3名と同世代(18歳)のTayler Flanagan
相変わらずスタイルがカッコいい。
昨季から上位2名には勝てずとも上位にランクしています。
こちらは柔らかい猫のような滑りを見せます。
ランディングはその器用さで上手に合わせてくる感じ。
もう少しダイナミックに飛距離が出て、こちらも縦系のスピンが入るとトップ2名の脅威になってくるはずです。

以下は上位3名のルーティーン。

McMorris (CAN)
1. Fullcab Stall
2. Cab 270 Frontboard to fakie
3. Halfcab 50-50 to Backside 360
4. Backside 1080 Double Cork Mute
5. Frontside 900 Melon
6. Cab 1260 Nosegrab

Toutant (CAN)
1. Cab 540 Tailtap
2. Front Blunt 270 out
3. Tailslide 270 out
4. Backside 1080 Double Cork Mute
5. Frontside 1080 Double Cork Melon
6. Double Backside Rodeo 1080 Truckdriver

Stale Sandbech (NOR)
1. Backside 540 Tailtap
2. Hardway Cab 270 to Frontboard
3. Frontboard 450 out
4. Cab 900 Stalefish
5. Frontside 1080 Indy
6. Backside 1260 Mute



他にも上位4名と同じく、私の「気になるライダー」シリーズで出てきたライダー達が出場していました。

Ulrik Badertscherは相変わらずその運動神経の良さを伺わせ、さらにドデカイダブルバックフリップ(転倒)も見せてくれました。
もう少し落ち着きと戦略的な頭があれば十分勝ちにいける逸材です。

Gjermund Braatenもいつも完成度が弱いです。
素晴らしいセンスを持つだけにもっとこだわって練習に励んで欲しいですね。

Tim Humphreysはさすがに大会に多く出ているだけあって他の選手より比較的安定して成績を残します。
今大会の3本目にはセブと同じくダブルバックフリップ1080を回してきましたが、惜しくもランディングでスリップ。

他にも久しぶりに大会出場している印象が強いカナダのCharles Reid(CAN, Nomis)。
もうベテランのような感覚がありますが、まだ21歳でした。(笑)
しかもまだまだやっているトリックは十分世界で戦えます。
確か彼も(転倒しましたが)ダブルバックロデオ1080やってました。
カナダのオリンピック代表は間違いなく上位の2名と彼でしょう。

ハーフパイプでも出場し、14歳のときにミッケルバン、ルークミトラニと一緒にBurtonムービーに出ていたFredrik Austbo
スロープも巧かったですね~。
もうBURTONではないのであまり広告などには出てきませんが、大会の常連です。
ぜひオリンピックに出てきて欲しいですね。



今大会にはメジャー選手も出ていましたが、フルメンバーではありません。
アメリカからはチャズ、エリック、北欧からトースタイン、ミッケルなどが出ていません。
この夏までの各選手の練習のお試し会のような大会だったとすると、この大会傾向から分析して、おそらくこの冬は昨季のダブルコークに新しいダブル縦回転の1080か1260がプラスされてくると予想されます。
ここに出てこなかったトップ選手がどんなニュートリックをプラスしてくるのか非常に楽しみです。
しかしながら今大会トップ2名の実力は確かです。
しばらく彼らのトップは揺るぎないと想像します。



日本の男子スロープ選手たちよ!
もうダブルコーク1080はスタンダードトリック。
それを2つ以上持った上に、独自のスタイルを見せるダブル縦回転を持たねばならない。
さらに日本人が弱い「ランディングの強さ」にこだわろう。
それでやっと世界に追いつく。
でも追いつく過程で、世界はさらにその先に進んでいくだろう。
世界の舞台で戦いたいのなら、もう「ゆるい」スノーボーディングなどやってられないのだ。
日々、朝から晩まで、スノーボードのために「心技体」+「思考力」で全力を尽くすべし!!



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント