RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.05
28
まずは大会シーンで非常に早い時代にダブルコークスピンを出し始めた「David Benedek」
スノーボード創世記から今に至ってもスタンダードトリックとして愛され、そしてスタイルがよく出るトリック「BS180」です。



<解説>

1.まずは簡単にBS180を回せるような小さなジャンプ(コブ)などを見つけて練習しよう
2.アプローチではほとんどターン動作はいらないよ
3.抜けた後はテール越しにランディング方向を見よう
4.目線だけで自然と回っていくので特に強い回転力はいらないんだ
5.板は常に体より先に行っていること
6.ランディングはなかなか見えないので、足の間から覗くようにランディングを探そう
7.安定してきたらグラブやシフトを加えることもできるね

さすが様々な企画を自分でこなすだけあって、解説もうまいですねえ。
抜ける際に頭が倒れると空中で軸が倒れていくこともあります。
頭を真っ直ぐに起こして入っていきましょう。
この後に360や540につなげたい場合は、抜けるタイミングにも気をつけたいですね。
テールがリップに掛かるまで踏み切りを我慢しましょう。




次はレールトリックの基本「50-50」。



<解説>

1.まずは入っていくラインが正しい方向に向かっているか注意すること
2.そんなにスピードは速くなくていいよ
3.レールに乗ったらセンターポジションをキープ
4.安定してきたらFS&BS180アウトにも挑戦してみよう

簡単そうですが、サイドインで真っ直ぐ最後まで乗り続けるのは以外に難しい。
サイドインで入って、そのまま横に落ちてしまうことはよくあります。
この場合は上半身でバランスを保とうと思っても難しいので、まずは乗る時にレールの出口に意識(目線)を強く置きましょう。
または腰がしっかりレールの上を乗っていくようにバランスを感じると良いでしょう。
上半身はあくまで腰の上に真っ直ぐ乗っているだけです。
腰がレール上からずれているのに、上半身だけをレールの上に残そうとすると、板が滑って痛い目に会いますよお。
ダウンレールでもフラットレールでも、体の軸をレールの角度に対して90度に乗ることを意識しましょう。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント