RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.01
09
Category : 動画
TTR O'Neill Evolution 2011

注目のTTR最高レベル6スター大会が行われました。
会場はスイスのダボス。
BURTON European Openが重なるせいか、スロープもパイプも有力選手は少なかったようです。

スロープスタイルと言う名の「ビッグエア+ジブ」大会のフィーチャーは、かなり打ち上げてある約16mと12mの2ウェイジャンプの後に、Up-flat-down box、Pole jam、Flat-down railの3つのジブアイテムを選択できます。

まずは男子の結果!

1.Seb Toots
2.Mark McMorris
3.Eric Willett (FLUX)



この3人は1週間前からこのダボスで一緒にトレーニングをしたそうで、ホテルでも常にこの調子で行けば3人で表彰台を飾れるねと話していたとの事。
2位のマークはファイナルの1本目にノーズからランディングする大転倒、そして気を失った上に記憶も少しなくしたとの事。
普通ならそこでコーチなどが止めるはずですが、なんと彼は意識もうろうのまま2本目を飛んで、見事に2位になったという脅威の結果。
まったくどういう集中力と運動神経してるんでしょう?!
ボクサーみたいです。


ファイナルでの3人のルーティーンを紹介しましょう。

<セブ>
● Cab Double Cork 1260
● Backside Boardslide to Underflip out

<マーク>
● Cab Double Cork 1260
● Frontside Tailslide to 450 out

<エリック>
● Backside Double cork 1260
● Backside Boardslide to 450 out

3人ともダブルコーク1260ですから、あとはその完成度、大きさ、ジブの難易度で決まったということでしょう。
なんせセブのジブは凄いです!
あんなアウトを大会で出せてしまうスキルの高さ?運動センス?はずば抜けているとしか言えません。

ついでに2位のマークのスピンは難易度もクオリティーも1位のセブに勝るとも劣りません。
そしてダブルコーク1260は今シーズンの大会で出てくる最高峰のトリックです。
つまり、おそらくこの2人のカナディアンティーンエイジャーが今シーズン、またはこの先数年は世界のコンペシーンをリードしていくことになるということです。

3位のエリックのスピンも凄いです!
スイッチのBSダブルコーク1260はおそらくまだ誰も大会で出していないでしょう。
ランディングの余裕とコーク軸の角度などでジャッジに差が出たような気がします。



女子のスロープは相変わらずジェイミーアンダーソンが強かったですね。
といっても見ていて(個人的に)面白いものではなく、もっと時代の流れについてくる女性ライダーの登場を期待します。



こちらも個人的で申し訳ないですが、ハーフパイプも面白みに欠けていたので今回は割愛させていただきます。
いくら凄いスピンやフリップをしていても、皆が同じトリックばかりで見ていてライダーの個性が見られない、そんな大会だった気がします。

次回のヨーロッパオープンに期待しましょう。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント