RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.04
30
スポーツ(運動)を生涯通して楽しむ、継続することは、人間の身体や精神を常に健康に保ってくれます。
私の目標は、スポーツ(運動)を通して人が心身ともに健康であること、また青少年が健全に育つこと、これらをお手伝いすることです。
またスポーツ以外にも才能を見出す子供がいるはずです。
そんな子供にも、才能に見合った環境に導いてあげるネットワークの構築、または案内ができるようになりたいと考えています。

私はまだまだ勉強や経験、信頼など、全てにおいて中途半端なので、今個人で何かを始めようとしてもできるものではありません。
ここカナダでもまだそこまで充実したケアを見ることはできません。
それだけ実行することが簡単ではないのでしょう。

しかし日本の各地では既にその一部が開始されています。
この取り組みの様子や意味を、専修大学准教授でJOC情報戦略部会長も勤められるスポーツ医学博士の「久木留毅さん」のブログ(以下)で読むことができます。

岐路に立つスポーツ界の新しい試み タレント発掘事業から考える1



上記のブログで最初に出てくる取り組み団体が福岡県
福岡県のその取り組みは現在日本では最先端です。
タレント育成という、子供のスポーツにおいての才能を発掘し育てるプログラムが様々なスポーツで行われています。
さらに生涯スポーツ事業も同時に進められているところが素晴らしいです。

福岡県タレント発掘事業ホームページ

福岡県 総合型地域スポーツクラブ



そしてこの福岡県の取り組みに呼応するように、約25の都道府県および市町村(和歌山、岡山、北海道美深町、山口、岩手、秋田、山形、東京、等々)が小学生、中学生を対象とした同事業を開始しているそうです。

以下はその各団体の取り組みの様子が書かれたサイトです。

東京都ジュニアアスリート発掘・育成事業

山口県タレント発掘・育成事業

山形県スポーツタレント発掘事業

AKITAスーパーわか杉っ子発掘プロジェクト

がんばれ長野

北海道美深町の取り組み



そしてこれら全国的に始まっている取り組みをサポートしている国の機関とサポートが以下です。

JISSについて

味の素ナショナルトレーニングセンター 事業紹介

JOCスポーツアカデミー事業


JOCキャリアアカデミー事業

JOCナショナルコーチアカデミー事業



今後この国の機関が各地の取り組みを統括し、まずはスポーツ(運動)においての才能発掘と育成、そして一環育成が本格化していって欲しいものです。

以上はまだスポーツにおいての才能発掘に限られていますが、今後アカデミックな方向にも子供たちの才能を見つけ、そして育てる活動も期待したいですね。

これらは本来は学校や保護者の役割なのかもしれません。
しかし学校ではその他にも多くの事が期待され、さらに生徒の数に対して先生の数が圧倒的に少ないです。
子ども一人に掛ける注意にも限りがあるでしょう。
また保護者は自分の子どものことは冷静に考えられないものです。
そういう意味で今後この分野でのスペシャリストや、これらプロジェクトを統括する専門の機関(部署)の用意が期待されます。

高校、さらには中学にまで「お受験」などという受験の為の勉強をせざる得ない、非常に意味のない「勉強」を強いられる最近の青少年達。
勉強する意味を、楽しさを知らずに「就職活動」のために大学の受験勉強に追い込まれ、大学に入っても単位だけを取って勉強しない学生がワンサカいるそうです。

参考までに、北米の大学は日本のように入学に大きな壁は設けない代わり、入学後は猛烈な勉強の毎日が全ての学生に課せられます。
社会に出る前には様々な職場でボランティアとして働く事で実務的な経験を積んで、さらに自分に合った職業を見付けていきます。
日本のように新卒でいきなり就職などというケースに命懸けになる雰囲気はありません。
 


話が反れましたが、未来を担う子供達が本当に一人で社会を生き抜く力を身に付けるには、大人は子どもにどんな教育をしてあげれるのか?
社会に出て、社会の役に立つ人間になる為に、子どもの個性を引き伸ばす事は非常に重要です。
そして個性を引き伸ばした子供達が、将来の元気な社会を形成していってくれるはずです。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント