FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2010.12
12
「バイオメカニクス」を通してスノーボードの「スピン」を考えてきた今回のシリーズ。
ややこしかった過去4回の理屈を超シンプルにまとめてみました。

ちなみに写真は適切なデモンストレーションとはなっていません。
あくまでイメージということでお許しを。
またスタイルやグラブ、環境など、様々な要素がからむ為に、以下のような運動が必ずしもいつも理想なわけではありません。



<アプローチ>
b 442

1.最初に腕を回転の反対方向に振っておく
2.腕は外に大きく広げ
3.回したい方向にできるだけ速く回す
4.腰からスピンを回す意識



<抜け>
b 345

1.回す腕は下半身が追いつくまで広げておく
2.下半身が追いついたら(全てが一直線に揃う時)一気に腕を縮める
2.高めの姿勢からしっかり膝が伸びきるまで蹴る
3.できるだけ大きく上と横に体幹筋を伸ばす



<空中>
b 369
b 427

1.上半身が戻されないように腹筋をロック
  (肩が向いている方向へ腹を折るように)
2.板が上半身に追いついて来るのを待つ
  (先を急がず戻されず)
3.板が追いついたら板の回転力に腰と上半身をそのまま乗せていく
  (「板と肩と目線を同時に回す」イメージを持つと回しやすい)
4.ランディング寸前までその体勢をキープ




当然ですが、いきなりこれらを同時にタイミング良く行うのは簡単ではありません。
まずはご自身が苦手とする、または必要と思われるポイントだけにフォーカスして、これからの練習に取り入れてみてください。

例えば。。。

① 腕の使い方
② 体幹の伸ばしと腹筋のロック
③ 体のパーツを揃えて回る事

目的に合わせて過去のシリーズも復習してみてくださいね。

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント