RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.01
12
Trick Tips from ROME Pros


今回はジブ系トリックです。
オーソドックスなトリックの逆バージョンを2つ紹介しましょう。


Trick Tips: Paxson On Nollies



<解説>

1.基本はオーリーと一緒
2.姿勢を低くしてアプローチ
3.スピードを調整して
4.飛び越える障害物の高さの確認
5.重心を前方に移動し
6.後ろ足の膝をできるだけ高く引き上げ
7.前足で地面を蹴って
8.前足の膝も素早く引き上げる
9.重心を今一度ボードのセンター(真上)に戻し
10.センターのままランディング!

まずは平らな場所でやってみましょう。
ノーズプレスを練習後、そのまま前足を跳ねて(蹴って)みます。
うまくできるようになったら緩い斜面で挑戦。
小さな雪球を置いても面白いですね。
ちなみにこの動画のように高く飛ぶ事は非常に難しいです。




Trick Tips: Lnp On Tail Blunts



<解説>

1.まずはFSボードスライド&FSブラント2ファイキーができること
2.FSボードや50-50と同じスピードアプローチ
3.蹴ったら空中で板をFSボードと同じように横に振り
4.前足は体正面に蹴り出し、レールには後ろ足でランディング
5.レールの上ではずっとレールエンドを見続ける
6.レールエンドでは上半身が捻じれている方向に下半身も戻してランディング!

まずはグラウンドトリックとして練習しましょう。
アイテムは簡単なボックスから始めて、まずはテールプレス。
次に少し横に振ってみると良いでしょう。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント