RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.03
27
MyTricks with EERO ETTALA


Mytrix Switch Backside 180 from Eero Ettala on Vimeo.



<解説>

1.ストレートエアと同じスピードで入る
2.トーエッジを掛け過ぎず、しかし軽く掛けて
3.板をズラさず真っ直ぐリップを抜けるよう心掛ける
4.抜けたら後ろの肩に目線を持って行き
5.インディーグラブ
6.90度回る頃には足を伸ばし
7.空中ではFS360をイメージして目線をランディング方向に送る

まずはスイッチライディング&スイッチオーリーに慣れておきましょう。
整地された斜面でSWBS180を練習し、慣れたら段差やサイドヒットを使って練習。
EEROのようにエッジを極力掛けないように抜けるのは簡単ではありません。
まずはスイッチストレートで真っ直ぐ抜ける感覚を下半身に覚えさせましょう。



Mytrix Alleyoop BS Rodeo from Eero Ettala on Vimeo.



<解説>

1.まずはアーリーウープBS180&バックフリップトゥーフェイキーをやっておこう
  この2つをミックスして回す
2.壁には真っ直ぐ上がり
3.抜けると同時にバックフリップを掛ける
4.バックフリップが半分回ったところで肩をBS180のように回す
5.空中では腹が下を向くのでランディングがよく見えるよ
6.最初は大きく跳ばないように

以前バックサイドロデオで話したような練習法もあるので見てくださいね。
このトリックはリップを蹴ると簡単に跳ね返されるので、蹴らずに「抜く」ようにしましょう。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント