RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2010.07
07
「自信」を考える


まず最初に、私は心理学の専門家ではありません。
このテーマを人にお話しするような知識も全くありません。
今回は私がこの「自信」を勉強する過程を皆さんと共有しながら考えて行きたいと思います。
どうぞお気軽にお付き合いくださいませえ。

まず今回この記事を書くにあたって参考にしたサイト様を紹介しておきます。
こちらのサイト様からたくさんの文章や言葉を引用させていただいております。

「カウンセリングサービス」

「自信がない人が自信を持つために(自信のない人ほど自信を持てる)」




さて早速ですが、「自信」をインターネットの「ウィキペディア」で検索すると以下のように表現されています。

『人間が「自らの能力、知識、信念」などを信頼している精神の状態を意味する。
自信があればうまくいくと自分を信頼し、未経験の領域に挑戦する場合でも自己不信や戸惑いを克服することができる。
自信を獲得するためには家族や他人との人間関係、社会の中での生活などを通じて、経験を蓄積しながらそこから得られた知識や教訓を建設的に活用しなければならない。
つまり自分がうまく物事を進める力量の結果として自信は内面化される。
洗脳や催眠といった手法でも自信は獲得できるとされるが、実際の行動で問題となる可能性が高まる。
自信の影響力は大きく、それは人生観や生き方を方向付けることがある。
スポーツ選手などの身体能力も自信によって引き出される可能性がある。
一方で自信過剰は慢心や驕りになる危険がある。
逆に自信喪失すると、思考は停滞して行動は消極的となる。』



「自信」というのは「自分を信じる」と書きます。
だから「自信がない」=「自分を信じられない」といえます。

北米のスポーツ心理学のコースでは、何かに取り組む時「自信」を持つことは、自分の持つ本来の才能以上にパワフルな感覚を覚えると言っています。

皆さんは自分を信じていますか?
そんな事考えた事もありませんか?
もしそうであれば非常に羨ましいですね。
私などは自分に自信がない場面に日々直面しております。(笑)
根拠もなく自信を見せている人もよく見ませんか?
なんでそんなに自信を持てるのでしょう?

<参考に>

私はここまで自分の抱える選手の「自信」というところにはほとんど気付かずに指導してきました。
誠に恥ずかしいことです。
その雰囲気には気付いて、話し合いをする中で本人を軌道に戻すまではできましたが、そこから勢いをつけて前進させるほどの事はできなかったと思います。
しかしカナダのコーチングコースでは、メンタルトレーニングを考える時にまず「自信」について触れられていました。
私が「自信」を勉強せねばならないと気付いたキッカケです。

振り返ってみれば私の現場にも自信を持っている者、持っていない者、様々いました。
明らかに言えるのは
●「自信を持っている = 迷いが無い = どんどん前進する」。
●「自信がない = 迷いがある = なかなか前に進まない」
という事です。
これを長期的に考えた時、その先にある結果の大きさは想像できると思います。
早く気付いて指導すべきだったと悔みます。
この「自信」を自分でしっかり理解し、これから大いに選手の役に立ちたいと思います。



では、人はどんな時に自信を持てないのでしょう?
思いつくだけ書いてみましょう。
例えば。。。

● 仕事で失敗してしまったとき
● 恋人に振られてしまったとき
● 物事がうまく行かないとき
● 試験に失敗してしまったとき
● 誰かを傷つけたとき

すなわち、分析するとこのように言えませんか?

● 自分の決断が求められる物と食い違ったとき
● 自分が他に受け入れられなかったとき
● 成功のイメージが頭に浮かばないとき
● 自分の努力が思うような結果につながらなかったとき
● 自分を「有害」なものであると感じたとき
● 他人に意見を否定されたとき


さて、ご自身が小さな頃を思い出してください。
また身の回りの赤ちゃん、3歳児を観察してください
自信なさそうだなあっていう幼児を見たことありますか?

考え方によっては「誰でも幼い頃には自分に自信があった」と考えることができませんか?
そうするとその後の成長プロセスの色んなところで自信を失う何かがあなたの身に起こったのではないでしょうか。

例:
● いじめ
● 仲間はずれ
● 常に厳しい保護者の態度
● 親や大人に誉められた経験が少ない
● 上手くいった事を見てもらった経験が少ない
● 学校などで友人に否定された記憶が深く残っている
● 頑張っても結果が出ない多くの経験が記憶に残っている
● 努力を評価してもらった経験が少ない

こんな経験を多く積むほど、どんどん「自分の考えや行動は間違っているのでは?」と疑い始めるのではないでしょうか。
この自己否定が連続的に、また定期的に起こったとしたら。。。
人間は「忘れる」ようにプログラムされた生き物だそうですが、同じ経験を何度も何度も繰返せば、記憶の奥底に刻まれるのは仕方のない事です。


こんな風に自信の無さは。。。

● 家庭 (両親からの愛情を感じられない)
● 学校 (勉強、遊び、先生、友達、先輩)
● クラブ (体格、技術、友達)

このような環境で、失敗や喪失を繰り返すうちに作り上げてしまうようです。
そして以下のような感覚を持つ事になるのです。

● 失敗感
何かをしようとしたときに「また失敗してひどい目にあうんじゃないか?」って恐れてしまいます。
● 喪失感
また何かを失わないように慎重に物事を進めたり、誰かにしがみついて執着してしまうかもしれません。
● 劣等感
自分は劣っていると感じている分だけ、誰かからの否定や攻撃を恐れます。
また、「どうせ無理だから」と諦めも早くなってしまうでしょうし、常に誰かと比較しながら自分が間違っていないかを意識してしまうかもしれません。
● 嫉妬感
その相手の持っているものが自分には手に入らないと思うことから始まる感情ですね。
自分自身に自信を持つことが出来たならば、嫉妬は賞賛に変わります。
● 自己嫌悪感
失敗した自分、劣等感を感じている自分を「駄目だな」と嫌悪し、攻撃してしまいます。
● 卑屈感
自分に自信がないことで物事に対して卑屈になってしまいますね。
自分の魅力をどんどん封じ込めてしまうものです。

これらに共通するのは、自分の意識が常に自分以外の誰かに向いていることです。
例えば。。。

● 他人と比較する(競う)
● 他人の評価を気にする
● 他に「受け入てもらえない」というイメージ

その結果、

● 対人関係が苦手
● 恋愛がうまく行かない
● 言いたいことが言えない
● 仕事の成績が上がらない
● 自分のしたいことが分からない
● 無気力になってしまう
● 将来に対して不安がある

このような問題が現実化してしまいます。
大人になってからこんな現象に気付いて「これは生まれ持っての性格だし。。。」などと納得して仕方ないという事にしてませんか?


<保護者の皆さまへ>

もうお気付きでしょうが、「自信」というスキルは家庭環境に非常に強く影響されます。
先に紹介した「ウィキペディア」にも書いてありますが、自信は「人生観や生き方を方向付ける」ほど重要なスキルです。
一日24時間の中で一番多くの時間を共有する身近な存在は「家族」です。
また「保護者」は子どもが手本とする最初の人間ですから、その言動は非常に強い影響力を持っています。
つまり保護者の言う事を「信じる」わけです。
仮に、ただただ厳しく育て怒ってばかりいたとしたら、子供は「いつも怒られてばかり。自分はダメな人間なんだ。。。」と「信じる」わけです。
また上手にできた事を親が見てくれない、褒めてくれない、聞いてくれない。
こんな状況が続けば「何のためにこんな事やってるんだろう?」とか「自分て何やっても大した事ないんだな。。。」など考え始めますよね。
つまり「自信喪失すると、思考は停滞して行動は消極的となる」です。
逆に全く子どものやる事を手放しで何をやってもただ笑って見ていたとしたら、子どもは「自分の考えや行動は常に間違っていない」と「信じる」でしょう。
これは「自信過剰は慢心や驕りになる危険がある」と言う事になります。

保護者として以下のような事を常に気にして欲しいと思います。

● とにかくいつも子どもを見てあげる
● 子どもの努力や成功は見逃さずに大小関係なく称えてあげる
● 失敗しても何が上手くできたのか誉めてあげ、次の課題を互いに話し合う
● 子どもの話しは誰よりも真剣に聞いてあげる
● 簡単なこと(遊びなど)でリーダーになる機会を与えて上げる
● 間違った言動はしっかり教育してあげる

これらを家庭で実践できれば、子どもが外で自信を失う様な事が起きても、すぐ自信を取り戻すでしょう。

正に過去の記事「才能?努力?環境? ③」で話した事に直結する重要な話です。

また子どもだけの話ではなく、大人になっても身の回りの友人、家族、同僚など、様々な人を以上の知識を持った上で接する事ができれば、その人の良い所を引き出し、さらに良い付き合いもできるというものです。
大人でも小さな頃からの経験が元で「自信」を失くしている人は多いでしょう。
しかしこれは「性格」ではなく「スキル」です。
「スキル」は「才能」に関係なくトレーニングで身に付けるものです。
その方法は次回ご紹介します。



次回は「自信回復法」を考えていきます。


FC2ノウハウにも掲載されています
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント