RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2010.02
17
Category : スノーボード
ショーンがオリンピック2連覇!!

当たり前のようですが、あまりにも圧倒的でした!
点数も、もちろんパフォーマンスのレベルも次元が違い過ぎます!
予選ですでに優勝できる点数を出してますし。

「ルーティーン」
○BSメソッド
○FSダブルコーク1080
○Cabダブルコーク1080
○FS540
○ダブルマックツイスト1260(無理やりランディング)

高さも圧倒的!
X-Gameほどのパフォーマンスであったとは思いませんが、改めてショーンのスキルレベルがブッチギリであると証明されてしまいました。

以下、決勝の結果です!


1 WHITE Shaun  46.8 48.4 48.4
2 PIIROINEN Peetu  40.8 45.0 45.0
3 LAGO Scott  42.8 17.5 42.8
4 PODLADTCHIKOV Iouri  42.4 17.6 42.4
5 VITO Louie  39.1 39.4 39.4
6 KOSKI Markku  36.4 25.0 36.4
7 LAMOUREUX Justin  33.8 35.9 35.9
8 KOKUBO Kazuhiro  30.5 35.7 35.7
9 AONO Ryoh  32.9 29.1 32.9
10 CRÉPEL Mathieu  25.9 8.7 25.9
11 MALIN Markus  16.7 18.6 18.6
12 BRETZ Gregory  18.3 13.0 18.3


2位(銀メダル)にフィンランドでバートンライダーのピートゥーピロイネン
ここ数年間、大会では常に上位でしたから頷けます。
高さもショーンに負けてませんでしたしコークもしっかり決めています。
完成度で負けた感じですね。

3位(銅メダル)に我等がスコッティーラゴ
上位2名には技の難易度で負けたかもしれませんが、文句無しでしょう!

4位にI-POD
Xゲームでは2位という快挙。
今大会でも同じように、少し高さにバラつきがありましたが技の難易度と完成度はメダル候補でした。

5位にルイビトー
高さがなかったですね。
しかしダブルコークの完成度は今大会ナンバー1だと思います。
ここまでアメリカチームが3人入るって、やっぱり強いですね。
有力候補2名をケガで欠いてなかったらメダル独占でもおかしくなかったでしょう。

6位に前大会銅メダルのマクーコスキ
強引な感じのスピンが目立ちましたが、ランディングはしっかり合わせてくるスキル&運動能力の高さを見せてくれました。
トリックはおそらく前大会とさほど変わってないですね。

7位は本国カナダの33歳(オリンピックハーフパイプ競技の過去最高齢とのこと)、ジャスティン
ほとんどの選手が20歳前後の中、快挙です!
まさか彼がここまで成績を残すとは、業界の誰が予想できたでしょう。
カナダのエース、ジェフバチェラーにはかなり期待が掛かっていたと思いますが、予選で転んでしまいました。
ジャスティンは過去5年くらいずっと見てきましたが、目だった才能を感じさせるタイプではなく、ほんとにコツコツと練習して確実に実力を上げてきた努力の選手です。
まさに日々「目標設定」をして日々それらをクリアしてきた大変素晴らしい例ですね。

8位に日本代表の国母選手
明らかにXゲームの方が良いパフォーマンスではありましたが、それぞれのトリックの完成度はわたしが今日一番であったと太鼓判を押します!
ただ高さが十分出なかったのと、最後のダブルコークのランディングが合いませんでした。
しかしこのとてつもないプレッシャーの中でよくあそこまで「自分の滑り」ができたなと、ただただ圧巻ですね。
その集中力のスキルの高さには驚かされます。
誰よりも本人が一番ショックを受けているはずです。

9位に同じく日本代表の青野選手
フラットスピンの高さはこの日一番!
1発目のエアの高さもショーンに負けてませんでしたが、トリックの難易度でインパクトに欠けた上に、そこでミスが出たことで一気に点数を引かれましたね。
終ってからの落ち込んだ様子が印象的でした。

今回の日本代表チームは非常にレベルの高いチームであったことは間違いありません。
しかしながらやはりアメリカチームの層の厚さはその全体のレベルの高さにおいて世界でブッチギリです。
それくらい国内での競争の方がオリンピックよりもレベルが高いのだと思いました。
実際に私はXゲームの方がレベルが高かったように思います。


<雑談>

オリンピックは国対抗。
そして4年に一度、国の名前も背負うという意味でも、そのプレッシャーはとてつもないのでしょうね。

一方、Xゲームは完全に世界のアスリートが個人で争う。
世界のトップアスリートが国に関係なく集う真の世界一を決める大会はぜったいに世界一の大会レベルとなります。
しかし毎年行われどちらかというと掛かるプレッシャーは自分が自分に掛けるものかもしれません。

このようにどちらもプレッシャーは掛かりますがその種類は明らかに違います。
このような大会特色がありますね。

こんな事を考えるとどっちもそれなりの楽しみ方ができるなと思いましたが、専門的な目で見ているとやはりオリンピックなんだから世界最先端のレベルが見たいと思うのでした。。。

次のオリンピックではどんだけすごいレベルになってるやら。。。
誰も想像できません。。。

ああ、中国の選手、確実に世界レベルに近づいています。
この数年間での急成長は恐るべし!!



近い内に日本選手の動画をアップしたいと思っていますのでお楽しみに!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント