RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2014.06
01
ここウィスラーでは5月26日をもってとうとうスキー場がクローズしました。
すでにマウンテンバイクのシーズンが始まっていていますが、まだ夏になった感じではないですね。
ブラッコムでは6月21日から7月27日まで再度グレーシャーエリアをオープンします。
今季の小雪の影響で夏のスキーできる期間も短くなりましたねえ。

さて、今回はフリーライディングやパークなどで当たり前のようにやっていることの理由を考えてみました。
テーマはこちら!

「スピンを掛ける前のセットアップターンの役割」

常識的に知られていてみんなやっていますが、スピンを掛ける前にターンをしてエッジを掛けてきますよね。
なぜこのターンをやると良いのか?
なぜ回しやすいのか?
よく言われることを以下に書いてみます。

● 足場ができる
● エッジが噛むから板がずれない
● リズムを作れる


こんな感じでしょうか?
スピンができる人なら感覚的によく分かりますね。

ではこのよく言われることをもう少し掘り下げて考えてみます。


<足場ができる>

過去の記事で足場を感じる条件を分析してみたので参照ください。
ライディング意識を考える
ライディング意識を考える 2

足場を感じるには外力の存在が欠かせません。
スピンを掛ける前にターンをして感じる外力とは、つまり遠心力(重力と推進力を利用してターンすることで得られる)です。
この遠心力により足裏に強く圧力を感じてどっしり感を得るわけですね。

さらにジャンプ台は下から突き上げるように作ってあるので、ターンの遠心力に加えて大きな足場を感じるんですねえ。


<エッジが噛むから板がずれない>

カービングターンをすることでより体の軸がぶれないバランスを保つことができます。
これにより体はさらに外力に対して真っ直ぐ立っていることができるので、更なる足場を感じることができるのでしょう。
しかしながら注意点はあまりエッジに強いプレッシャーを与えすぎないことです。
これをすると雪面への抵抗が増してスピードを殺してしまいますし、雪質が柔らかい場合はエッジが食い込みすぎてむしろバランスを崩すこともあります。
板は少しずれても、少しであれば外力に対してバランスを保つことは可能でしょう。
板をずらす場合もエッジへのプレシャーが弱いことはスピードを保つ大きなポイントとなるでしょう。
逆にカービングをしててもエッジを立て過ぎた場合もスピードを失う原因になりますし、外力に対してバランスを保つのが難しくなりますね。


<リズムを作れる>

このリズムは非常に重要です。
リズムは全身の運動を自然にコーディネートしてくれるからです。
自分の中にリズムを作ると、全身の各パーツはそれに従って上手に色んなパーツを同時に動かすことができます。
ジャンプ台の前で何回も何回もターンを刻む人は、アイテムと自分のリズムを合わそうと苦労しているわけです。
これではなかなか上手く全身の運動を合わせる事ができません。
スピン前に必要最低限のターンで飛んでいける人は、自分のリズムをアイテムに対して上手に調整できている人です。
距離、スピード、時間をイメージできており、それを最低限のターンだけで無駄なく合わせる訳ですね。


さて、ではスピン前にターンをする場合、結局どのようにターンしていったら良いのでしょうか?
この続きは次回!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント