RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2014.05
06
久しぶりにプロライダーによるHowToです!
簡単そうで難しいレールトリック!
「50-50」です!



<解説>

1.ちょうどいいスピードでレールにほぼ平行の角度で入っていく
2.まったく平行の角度で入ると真横に飛んで乗らないといけないので、僕の場合は少し斜めに入ってレールの遠くに乗るんだ
3.乗るときは優しく乗ってトーエッジとヒールエッジ側のバランスを調整することでレールの上で板をロックできるんだ
4.最初のキンクでは強くプレッシャーが掛かるので、少し板が斜めになるだけで落ちてしまうんだ
5.キンクではひざを曲げてショックを吸収しながらあまりプレッシャーを掛けないように通り過ぎること
6.レールのフラット部での強いプレッシャーも落ちる原因になるよ
7.フラットでも背筋を伸ばした姿勢をキープして
8.残りのダウン部をよく見ながらダウン部に入ったらひざを曲げてショックを吸収
9.あとは出口に集中してランディング!


まっすぐ乗るだけでしょ~って思いますが、この細いところに細い板でずっと乗り続けるのは難しいのです!
いっそのこと板を横にした方が立っている幅が広いのでバランスとりやすいんですよ。
軽く動画でも見せていましたが、板がレールに乗る瞬間は、軽くヒールエッジ側に傾けてあてるといいですよ。
そして乗ったらできるだけ早めにスっとまっすぐ立ち上がれるとより簡単に滑り降りていけます。
よくある失敗は尻がヒールエッジ側、頭がトーエッジ側にはみ出た姿勢で乗り続けようとすることです。
この「く」の字では余計バランスが難しくなるのです。
また、乗るときに前肩がトーエッジ側に入っていると、乗ってからバックサイド側に板が回ることがあり、こうなると50-50で乗り続けることは難しく、最悪トーエッジに乗って痛い目を見ます。
前肩は軽くヒール側に開いて乗った方が安全ですよ。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント