RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2014.04
21
一時帰国でバタバタしてブログの更新が止まっていました!
これからはあまり気負わずにアップしていくことに決めたので、もしかしたら更新に時間がかかることもあるかと思います。
どうぞ今後も呆れずに覗きに来てやってください!


久しぶりに掲示板への書き込みをご紹介しましょう!
ジブをサイド(横)から乗る際の克服法です!



「ビビらないで乗る方法」


投稿者: Square

BOXやレールのサイドインがビビってなかなか乗ることが出来ません。
どうしたら乗れるようになるでしょうか。
フロントもバックも出来ません。
乗れてもエッジが立たないかと心配でなかなか踏み出せないです。
よろしくお願いします!



投稿者: コーチ

サイドインに怖さを覚える要因の一つに「真横に飛んで乗る意識」があると思います。
ジブアイテムに対して斜めの角度で進入しないと乗れないイメージがありませんか?
それは間違っていないのですが、アイテムの手前からすぐ乗ろうとすると相当斜めの角度をつけて入らないといけませんよね。
あまりに強く斜めに入ってしまうとノーズがアイテムに当たる確立、アイテムの向こう側にすぐ落ちる可能性が上がってしまいます。
そこで、できるだけ入る角度を真っ直ぐに近づける為に、アイテムのできるだけ遠くに乗るイメージで踏み切ってみましょう。
遠くに乗る意識であれば、自ずと板の進入角度はアイテムに対して平行な角度に近づきます。
これならいきなり大きくノーズを上げなくても良いですし、真横に飛び乗るような鋭角踏み切りも必要ありません。

恐怖心の克服も含め、こんな練習法がありますよ。

● コース上に何かスキーなどのラインを見つけて、そのラインに乗ってみましょう。

もちろん真横に飛び乗るのではなく、よりラインの遠くを目掛けて乗ります。

● 他にも、コース脇に段差を見つけたら飛び乗ってみましょう。

この時も遠くに乗るイメージで乗りますが、今回はさらにノーズを持ち上げてから跳んでみましょう。
アイテムに対してスムーズに乗るためです。
両足ジャンプで乗ろうとすると筋力的に大変ですし、見えていないテールをアイテムにぶつける危険もあります。
ノーズを乗せてからテールを乗せるというイメージの方が技術的に安全です。

● 雪上での練習が安定してきたら、とうとう段差のないBOXにチャレンジしてみましょう!

恐怖心の克服は一番の課題ですが、まずはスピードを極端に落とすことから始めれば大丈夫です。
なぜならその前に雪上で段差に乗ることが十分できているわけですし、BOXは段差が付いていないわけですから。

もう一つ、BOX上ではボードが主役です。
ボードが行きたい方向に、素直に体が乗っていかなければいけません。
ボードの意思に逆らって、体が違う方向に進んでしまったら、当然BOX上で痛い目をみます。
とにかくボードの行きたい方向を感じてやってください。



掲示板では様々なスノーボード関連のご質問をお待ちしております!
なかなか勇気がいることかもしれませんが、名前も公表されませんのでお気軽に書き込みくださいね!
お待ちしております!!

教えてコーチ!スノーボード何でも相談室!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント