RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2014.03
06
Category : スノーボード
今日はスロープスタイルのファイナル!
かなり降り続く中でスピードが難しかったようですね。

男子の面子10名中5人がカナディアンって凄くないですか?!
これからスロープスタイルはカナダですよ~!
そしてそファイナル進出選手の年齢もご注目ください!

1  MARK MCMORRIS CAN (20)  87.50
2  STALE SANDBECH NOR (20)  87.20
3  MAXENCE PARROT CAN (19)  84.30
4  SEBASTIEN TOUTANT CAN (21)  83.35
5  ROOPE TONTERI FIN (21)  81.70
6  DARCY SHARPE CAN (18)  78.05
7  TYLER NICHOLSON CAN (18)  72.60
8  EMIL ULSLETTEN NOR (20)  60.95
9  BRANDON DAVIS USA (18)  38.55
10  KYLE MACK USA (16)  DNS


優勝は昨年まで敵なしか?!とまで思われたMark!
完璧なランを見せて文句なし!

2位にルーティーンも完成度もMarkにかなり近かったStaale!
少々飛距離でMarkに及ばなかったところで僅差の判定だった感じです。
しかしそのパフォーマンスは優勝にも値する素晴らしいものでした。

3位にMax!
昨今ビッグエアでは飛び抜けた強さを見せていますが、今回は少々完成度で及びませんでした。
しかし相変わらずそのパフォーマンスコントロールに秀でたものを感じますね。
来季から無敵な存在になる可能性は大です!

4位にSeb。
最近はなかなか勝てないですが、その完成度の高さはいまだトップレベル。
ここ2年くらい高回転のランディングでの失敗が目立ちますが、ジブも上手いですしまだまだ来季も活躍するでしょう。

5位に骨太な滑りを見せるRoope。
彼のポテンシャルもかなり高く、やはりもう少し成績が出てもおかしくない選手だと思っています。

6位にウィスラーローカルでカナダチームの次世代を担うDarcy君。
教え子のDanAtoやRyokiOgawa、NatsukiSatoの友達です。
もともとスピンが得意だったのですが、最近はジブの方がすごいパフォーマンスを見せているように思いますね。
こういうジブのレベルが高い選手はこの先のスロープスタイルでは大変強いと思いますね。
今回のジブセクションでも明らかにオリジナリティーのある難しいトリックを見せ付けてくれました。
来季に期待!

7位にもカナディアンのティーンエイジャーTyler(18歳)。
9位にもアメリカ出身で18歳のBrandon。
10位には日本の角野ユウキと同じ16歳のKyle。

選手のルーティーンと細かな各ヒットでのポイントはこちらで確認できます!


全男子選手の成績はこちら!





そして女子のファイナル!
女子もスピードに苦労していましたね。
ナックル近くにランディングする選手が多かったように思いますし、転倒者続出でした。
トップ3名は720を2つ&540をジャンプに入れてきましたね。

1  Jamie Anderson USA (23)  87.55
2  Spencer O`Brien CAN (26)  80.00
3  Isabel Derungs SUI (26)  71.90
4  Miyabi Onitsuka JPN (15)  43.20
5  Ty Walker USA (17)  33.95
6  Cheryl Maas NED (29)  30.50


優勝はやはり安定感抜群のJamie。
ジブはシンプルですがしっかり踏んでましたし、Cab720、SWBS540、FS720のジャンプルーティーンは完璧でした。

2位にオリンピックでメダル候補だったJamieの唯一のライバルSpencer。
もう少しポイントが伸びても良いと思いましたが、まあ2位という成績は納得ですね。
得意のSWBS540、FS720、BS720がきれいに決まってました。

この2人がまだ頭一つ抜けている感じですよね。
この2人に続く強さをも持つ次世代ライダーの登場が望まれます。

3位にIsabel。
必殺技のBSロデオ540を最後のどでかいジャンプでしかkり決めましたし、他のスピンもFS&BS720ですから納得の順位ですね。
しかしどこか危なっかしい。

失敗しながらも4位に入ったのが日本の鬼塚雅!
後悔練習ではCab900をやっていたらしいですが、この日はスピードに苦労して十分なパフォーマンスが出せず。
まだ少し危なっかしいライディングですが、軽い体であの大きなジャンプ台を果敢に飛ぶのはすごいことです。
ジブが得意なだけに、これから体を大きくして下半身の筋力をつければ、ジャンプでのパフォーマンスは大きく上がることでしょうね。

5位のTyWalkerはオリンピックとは打って変わってとても強い滑りを見せていました。
失敗してはいますが、そのライディングの強さはかなり安定感を見せていて、ジブの上やスピンの空中とランディングのコントロールが非常に安定していたように思います。
彼女のこの先2年くらいの成長に期待してしまいます。
6位にセミでいパフォーマンスを見せていたCheryl。
3本とも失敗で結果は出ませんでした。
またスタイリッシュなスピンを見せて欲しいものですね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント