RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2014.02
12
Category : スノーボード
もう情報としては遅いですが、ハーフパイプ女子の結果を私的感想を加えてお伝えしましょう。

今回は男子の時と違って、パイプがかなり滑りやすそうでしたね。
なぜこの修正をもっと早くできなかったのか?
この環境で男子がやったらどうなったのか。
残念で仕方ないです。
FIS。。。

Untitled_20140214074912b55.jpg

女子のトップ2がこの2人であったことに大拍手!!
ゴールドのKaitlyn FarringtonとシルバーのTorah Brightは、期待通りのクリエイティブでオリジナリティーあふれるハイパフォーマンスを見せてくれました!
男子のDanny Davis、スロープのSageのように、こういうパフォーマンスこそスノーボードの「スタイル」、かっこよさですよね!

遊びの延長だなんて言われたりしてますが、フィギュアスケートと同じではないですか。
スケートの表現力は正にスノーボードのスタイルと同じ「芸術点」であり、スケートのスピンなどは正にスノーボードの「スピン」と同じではありませんか。
そして今回の大会ではその「芸術点」が特にクローズアップされたということですよね。
もしかすると今後この「スタイル」も難易度として高く評価されていくのかもしれませんね。

しかしKaitlyn Farringtonは高さが今一出せなかったですね。
ルーティーンの難易度が評価されたのと、2位3位と優勝候補がミスをしたのが功を奏したと言って良いでしょう。
とは言えあやしいランディングもあっただけに、個人的には2位かな?と思いました。

2位のTorah Brightはかっこ良かった~!
ランディングの失敗はありましたが、その安定した高さとトリックの難易度、スタイル、オリジナリティーは最高でした!
メダル取ってくれて本当に嬉しいですね。
技術的には圧倒的です!

3位は女子のShaun White、Kelly Clark!
果敢に攻めてどでかいFS1080を出しましたが、回りきらず。
高さにこだわった結果ですね。
高さこそKellyの持ち味であり、皆がKellyに期待していることですからね。
Shaunのように当然ゴールドを期待されながら、この大舞台でリスクを背負って攻めたKellyにも拍手!!

4位のHannah Teterは相変わらずテクニカルなルーティーンでしたね。
USグランプリで見せたような高さがさっぱりでした。
あのルーティーンをTorahくらいの高さで見せてほしかった!

5位に日本の岡田らな!
高さも比較的安定してましたし、スピンは非常にコントロールされたクオリティーの高いランでしたね。
男子もそうでしたが、この完成度の高さは職人肌の日本人らしさです。
引退を言及したらしいですが、少し心の休養をとって、さらに磨き上げた素晴らしいパフォーマンスが見たいです。
おめでとう!

6位、8位、9位に中国勢!
ファイナルに3名はすごいですね!
男子にも2人いましたが、やっと中国がタレント発掘から時間を掛けてきた育成結果が出てきたようです。
このレベルから上に上がるには才能だけではなく、そこにさらなる強く高いレベルでの成功イメージを当然のように持つことが必須となります。
今回の中国チームの結果はさらなる自信を持たせて、更なる未来の自分たちの成功を強くイメージさせることになるのではないでしょうか。

11位にメダルの有力候補だったQueralt Castellet 。
ファイナル1本目に素晴らしいパフォーマンスを見せながらも、最後の最後にFS540で転倒するという悔やみきれないミス。
決まっていればメダルの可能性は大いにありました。
あのどっしりとしたボトムラン、スタイル、高さ。
個人的にメダル取ってほしかったライダーでした。


次はスノーボーダークロスですね!
スロープやらせたらメダル獲得可能な才能の持ち主、藤森ユカ選手が出ます!
次回はスロープで出てくれ~!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント