RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2015.01
23
Category : スノーボード
1 Danny Davis
  80.00 64.33 93.66  93.66
2 Taku Hiraoka
  84.33 14.33 92.33  92.33
3 Iouri Podladtchikov
  89.00 67.66 40.00  89.00
4 Shaun White
  54.00 82.00 62.66  82.00
5 David Habluetzel
  61.00 79.00 62.66  79.00
6 Ayumu Hirano
  77.66 70.00 24.33  77.66
7 Yiwei Zhang
  40.00 12.00 75.00  75.00
8 Gabe Ferguson
  73.00 30.33 57.00  73.00


いやあスノーボード界のミスタースタイリッシュ「Danny Davis」が勝ちましたね~!!
あのバック2バックBS360なんか最高です!
スイッチのBS360って?!
どんだけ難しいの~?!ってパイプやらない人には分からないでしょうねえ。
そしてルーティーンのオリジナリティーも最高です!
ジャッジはこのスノーボードの”遊び”文化をよく分かった人たちだったようです。
ジャッジの中にあのChad Otterstromがいましたからねえ。


2位に日本の平岡卓!
オリジナリティーの印象は薄いですが、難易度の高いトリックとその安定した高さは素晴らしかったですね!
最後の1440もばっちり!
見事なパフォーマンスでした!


3位のI-Podは、申し訳ないですがジャッジに疑問が残ります。
真ん中のBSダブルコークからの2発のランディングは減点対象で、ここまでの高得点が出るのはおかしい。

4位にShaunですが、明らかに練習不足なパフォーマンスでしたね。
しかしながら相変わらず彼の実力の高さはトップだな、と再認識しました。
しっかり集中して練習したら、まだ彼の強さは続くでしょうね。



6位の平野歩選手ですが、このポイントの低さはびっくりです。
トリック難易度、安定感などではこの日のトップでしょう。
ポイントが伸びなかった原因はおそらく高さが出なかったこと、みんなが6発飛ぶところを5発で終えたことですね。
しかしながらI-Podがなかなか決められない「YOLOフリップ」をびたびたに決めたことには他の選手も拍手喝采。
(正しくはスイッチですが、FSダブルコーク1440です)
MCの話からも、彼が相変わらず今一番注目されている、そして期待されている次世代スターであることは間違いありません。
成績はともかく、この先も彼が世界のトップを走ることは間違いなさそうです。

スポンサーサイト