RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2011.02
28
昔から「考えるより行動を起こせ!」とよく言われています。
そのような名言も数多く存在します。

● 考えてばかりいないでとにかくやるべきことをやれ。人生とは頭で考えたり難癖をつけたりして変わるようなものではない。(米詩人: Ralph Waldo Emerson)

● 思いつくことは簡単だが、すべては実行することにかかっている。(ベンチャーキャピタリスト: John Dore)

● 有能な者は行動するが、無能な者は講釈ばかりする。(英劇作家: George Bernard Shaw)

● 行為する者にとって、行為せざる者は最も過酷な批判者である。(福沢諭吉)

● まだやっていないことで名声は築けない。実に簡単な話だ。夢を抱き、リハーサルしたら、あとは現実の世界に飛び込んで実行あるのみ。(フォード・モーター創業者 ヘンリー・フォード)

● 批判するやつらは、気楽でいいね。身体張らなくていいからね。大所高所から、多いに論じてくれたまえ。土俵の中でまみれる裸一貫たちの気持ちは、君たちにはわかるまい。自分たちの身体を張ってがんばっているのではなく、傍観者、批評家がいばる、のさばる、そんな日本にしては行けないということ。みんな、身体張れよ。評論家にはなるな。傍観者はずるいぞ。批評家だらけの国になったら、日本は没落するぞ。偉そうなやつは信用するな。土にまみれろ。(脳科学者 茂木健一郎 Twitterより)

● メディアが、「大人しくしていなさいね、ちょっと尖ったり、間違ったりするとバッシングされますからね、いい子でいなさいね」というメッセージを発し続けている国は、どう考えても異常。これじゃあ、日が沈むはずだよ。(脳科学者 茂木健一郎 Twitterより)

● もはや不平不満や愚痴、恨みつらみを言っている時ではない。熱き心を持って自力で立ち上がり、あなたは何を成すのか。他の誰でもない、あなた自身。自分は何をするのか、それを真剣に考えて生きるべきではないだろうか。合掌、(藤岡弘、)




やはり次世代を担う子供たちには、頭でっかちではなく、得た知識を行動することで本当の「智」とし、人生を強く賢く生きる人間に育って欲しいと強く思います。

そういう意味で、子供が元気よく活発に行動し、ストレスなどなく子供らしく自分を表現できる人間になるために、やはり「スポーツ」は大きな役割を果たすと言えます。

子供の一番近くで一番多くの時間を一緒に過ごすのは家族です。
そしてその家族の中で、一際大きな影響力を持っているのは保護者ですよね。
つまり保護者こそ、次世代の、世界を担う人間を育てる重要な立場にいるのです。




少々本題から話がズレてしまいましたが、では保護者はスポーツをする子供(選手)の為に何をしてあげれるのか?

カナダの「Canadian Sports for Life」では、保護者が子供の年齢に合わせて以下のようなアドバイスをしています。

各年齢に合わせてステージを7つに分けてアドバイスしています。
ご自身の身近な子供に重ねて読んでみてください。

* 英文を頑張って日本語訳しているので、少々分かり難い表現もあるかもしれません。



1.Active Start (Girl & Boys 0-6才)

● 毎日、幼児期の子供(1-3歳)には30分、小学校前の子供(4-6歳)には最低60分のしっかり用意された遊びをさせる
● 最低60分、できれば3-5時間の自由な遊びをさせる。参考に、子供は寝ている時以外は60分以上は一所に落ち着いていられません。
● とにかく天気に関係なく毎日「運動」はさせること
● キーワード「楽しい、グループ」
 *グループとは団体の中に入るという意味です


2.FUNdamentals (Girls 6-8才,Boys 6-9才)

● 様々なシーズンスポーツへの参加を始める
● 子供の「好き、興味」に対し親も繊細に気にしてあげる
 例:ダンスや体操をしていてバスケットボールのプレイに興味を示しても厳しく抑制しない。
● クラブのコーチやリーダーに長期的な育成プラン(LTAD)に沿ってプログラムが運営されているのか確認する
● 学校の体育プログラムが長期的な育成プラン(LTAD)に沿っていて、この年齢(FUNdamentals)に適切なスキルティーチングが行われているのか確認
● 子供がやっている運動に「ABC's」の準備要素が入っているのか確認
 ABC'sAgility(俊敏性), Balance, Coordination(連動した動き), Speed
● 子供が遊びやスポーツにおいて活発で積極的であること
 親の言動が影響します
● 子供が外で遊ぶことに親が協力的であること
● テレビ、コンピューター、ゲームのスイッチを切る!
● キーワード「楽しい、グループ、フェア」
 *グループとは団体の中に入るという意味です


3.Learning to Train (Girls 8-11才,Boys 9-12才)

● 子供が楽しい、また成功体験をしているスポーツ(遊び)を明確化し、それらを一年を通して3つに絞る
● もし子供がサッカーや野球のような、年齢を重ねてから結果が出てくるスポーツ(Late Specialization Sports)に興味を持ったら、彼らがクラブなどでオーバーワークになっていないか、試合ばかりで練習できていないか、あまりに早い専門的な技術トレーニングなどをしていないか、コーチや先生に確認する
● この時期では「練習」対「試合」の割合が70:30が好ましい
● 子供の体力向上がしっかりした学校の体育プログラムで行われていること
● コーチがしっかりコーチングコースにおいて教育されている、または資格を持っているか
● 子供が外で遊ぶことに親が協力的であること
● キーワード「楽しい、グループ、フェア」
 *グループとは団体の中に入るという意味です


4.Training to Train (Girls 11-15才,Boys 12-16才)

● この時期は、年齢を重ねてから結果が出てくるスポーツ(Late Specialization Sports-野球、サッカー、武道など)において、コーチや先生は「才能」を見つけてそれを伸ばすような協力を始めて良い。しかしながら親や指導者も、子供の成長過程の個人差を理解しないと、オーバートレーニングや試合ばかりの環境によってケガを引き起こしたりバーンアウト(燃え尽き症候群)に陥ってしまう
● <注意> この時期は多くの子供(選手)がバーンアウト(燃え尽き症候群)や行き過ぎたプレッシャーによってスポーツをやめてしまう時期である
● この時期、チームスポーツのコーチは子供の成長過程の個人差を理解し、その個人差に合わせて個々に別トレーニングを与えること
● キーワード「楽しい、フェア、尊敬(リスペクト)」


5.Training to Compete (女性 15-21才+, 男性 16-23才+)

● この時期になると、選手は「心、体」を強固な物にするため、非常に優れた資格を持ったコーチが必要となってきます。また「感情」における必要(コントロール)はしっかり普段の練習で準備されなければいけない
● 親は子供のために最高のトレーニング環境を探し、長期的な育成プラン(LTAD)を理解しているコーチが作成したトレーニングガイドラインが、計画とおりに進むようにサポートすること
● 子供のコーチが資格を持っていて、パフォーマンス強化を目的としたチームでコーチしていること
● 才能に見合ったスポーツを明確化し、強くフォーカスするものを2つに絞る
● キーワード「楽しい、フェア、高いパフォーマンスの質、尊敬(リスペクト)」


6.Training to Win (女性 18才+, 男性 19才+)

● 子供が世界チャンピオンになることを褒め称える
 夢(目標)を高く持たせると言う意味になるでしょう
● 自分の子供が、選手として小さな子供たちのお手本になるよう応援、協力する
● この時期になると周囲の保護者が(親としての)自分を成功者のように見ていることを認識し、しかしその保護者の方々に多くを教えて導いてあげましょう
● キーワード「楽しい、フェア、高いパフォーマンスの質、尊敬(リスペクト)」


7.Active for Life (全年齢対象)

● もし選手(子供)が試合など嫌っていることを感じたら、年齢に関係なくいつでも子供がこのステージに入ることをサポート、協力してあげましょう
● 相談に乗ってあげることで、自然に試合環境から離れるヘルプとなります。例えば自分のスポーツ経験をポジティブに話してあげるのも良いでしょう
● 子供のためにどんどん新しいスポーツを探して、子供に新しい世界を見せてあげましょう
● 元気な親こそ最高の「お手本」です
● キーワード「楽しい、フェア、健康、giving back」






これらは各ステージにおいて親ができることを簡単に書き出したものです。
もちろんこれらが全てではありません。
しかしできる限り親として子供にできることをしてあげ、明るい日本の未来を築く人間をたくさん育てたいですね。
今後これらのステージをより細かく説明していきます。
保護者や指導者の方はぜひご覧ください。

スポンサーサイト