RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2015.01
23
Category : スノーボード
1 Danny Davis
  80.00 64.33 93.66  93.66
2 Taku Hiraoka
  84.33 14.33 92.33  92.33
3 Iouri Podladtchikov
  89.00 67.66 40.00  89.00
4 Shaun White
  54.00 82.00 62.66  82.00
5 David Habluetzel
  61.00 79.00 62.66  79.00
6 Ayumu Hirano
  77.66 70.00 24.33  77.66
7 Yiwei Zhang
  40.00 12.00 75.00  75.00
8 Gabe Ferguson
  73.00 30.33 57.00  73.00


いやあスノーボード界のミスタースタイリッシュ「Danny Davis」が勝ちましたね~!!
あのバック2バックBS360なんか最高です!
スイッチのBS360って?!
どんだけ難しいの~?!ってパイプやらない人には分からないでしょうねえ。
そしてルーティーンのオリジナリティーも最高です!
ジャッジはこのスノーボードの”遊び”文化をよく分かった人たちだったようです。
ジャッジの中にあのChad Otterstromがいましたからねえ。


2位に日本の平岡卓!
オリジナリティーの印象は薄いですが、難易度の高いトリックとその安定した高さは素晴らしかったですね!
最後の1440もばっちり!
見事なパフォーマンスでした!


3位のI-Podは、申し訳ないですがジャッジに疑問が残ります。
真ん中のBSダブルコークからの2発のランディングは減点対象で、ここまでの高得点が出るのはおかしい。

4位にShaunですが、明らかに練習不足なパフォーマンスでしたね。
しかしながら相変わらず彼の実力の高さはトップだな、と再認識しました。
しっかり集中して練習したら、まだ彼の強さは続くでしょうね。



6位の平野歩選手ですが、このポイントの低さはびっくりです。
トリック難易度、安定感などではこの日のトップでしょう。
ポイントが伸びなかった原因はおそらく高さが出なかったこと、みんなが6発飛ぶところを5発で終えたことですね。
しかしながらI-Podがなかなか決められない「YOLOフリップ」をびたびたに決めたことには他の選手も拍手喝采。
(正しくはスイッチですが、FSダブルコーク1440です)
MCの話からも、彼が相変わらず今一番注目されている、そして期待されている次世代スターであることは間違いありません。
成績はともかく、この先も彼が世界のトップを走ることは間違いなさそうです。

スポンサーサイト
2014.11
10
Category : スノーボード
すでにWestbeachのホームページで今季のモデルが全て見られますが、今回は私が着用するジャケットとパンツをご紹介しましょう!
以前からやってみたかった上下「黒」!
少し勇気がいりましたが、結局完全な真っ黒ではありませんでした。笑
でもその分アクセントとなるカラーや裏生地デザインが際立ちますね~。

Cole Jacket


DSC05260.jpg
DSC05256.jpg
DSC05257.jpg
DSC05261.jpg
DSC05262.jpg
DSC05258.jpg
DSC05259.jpg
DSC05263.jpg



そしてパンツは2季前に履いててお気に入りだったこれをもう一度!
細すぎず太すぎない、程よいストレート感が良いんです!
しかしヒップポケットの位置や、サイドポケット、裾のロゴがスタイリッシュ!
サイドポケットの中に隠れているひもを引っ張ると裾を引き上げることができるようになっています!

Cockalorum Pant


DSC05251.jpg
DSC05250.jpg
DSC05252.jpg
DSC05253.jpg
DSC05254.jpg
DSC05255.jpg



そして私が着るとこうなります。

WP_20141110_018.jpg
WP_20141110_015.jpg
WP_20141110_016.jpg
WP_20141110_020.jpg
2014.10
09
Category : スノーボード
久しぶりに更新します!
Westbeachの今季モデルの「Look Book」がアップされているのでご紹介しましょう!!
これはカタログではなく今季モデルのイメージ写真ですね。
Westbeachライダーが雪山でそれぞれのモデルを着こなしていますよ~!

こちらからご覧いただけます!!

気になったらこちらで実際にモデルをチェック!!

wb.jpg
2014.04
01
Category : スノーボード
WP_20140327_028.jpg

3月27日より北海道のニセコに滞在しております!
春らしく天気は晴れたり曇ったり降ったり。
とはいえ気持ちよくはれ上がる日が多いです。

1959455_10203307929129037_107845920_n.jpg



今回は初めてのFISスロープスタイル全日本大会に「スノーボードウィズ」のサポート選手が3選手参戦!
サポートしてきました!

10175973_10203336648527004_1234763024_n.jpg

大会は少ない参加人数ながら、選手たちがレベルの高いパフォーマンスを見せてくれました!
男子は角野ユウキが圧倒的パフォーマンスで優勝!
本人曰く「勝って当たり前なんで」。
世界のトップで戦うメンタリティーです!

男子2位にはFLUX&Folklの脇田トモキ(13歳)!
こちらもすごいニュースです!

また目立った選手として先日パイプで優勝した片山ライブ。
スロープでも素晴らしく乗れてました。
要注目の才能です!

ほかにも稲村タツキ!
彼もうまいですね~!

RK1の動画に出てしまうほどの実力の持ち主、新潟の魚沼人、石田タカヒロは実力を出し切れず。

1497537_10203336556924714_641330934_n.jpg

1468640_10203336557124719_714555506_n.jpg


女子は鬼塚雅が2本とも持ち技をしっかり出して優勝!

注目だったのは、パークライディングで圧倒的な才能を見せながらクロスの選手として活動してきた藤森ゆかの参戦!
オリンピック後もまともに練習などしてないだろうに、びっくりするようなトリックをさらりと出して2位!
この選手はやっぱりポテンシャルが飛びぬけてると感じました。
これからスロープにフォーカスするようになったら世界のトップにおどり出すこと間違いなしでしょう。

ここまで大活躍してきたFLUXの広野あさみは残念ながら転倒。
同じく大活躍の「スノーボードウィズ」サポートライダーの佐藤なつきもジブとスピンで大技を繰り出しながらも、最後のジャンプで届かず失敗。
同じく「スノーボードウィズ」サポートライダーの星野フミカも十分な実力を見せながらも最後のジャンプでランディング後の雪質に足をとられて転倒。

いやあ見ごたえありましたよ~。

1011111_10203336557044717_128241794_n.jpg

1902938_10203336557204721_176363091_n.jpg

今大会の前に行われたハーフパイプの全日本大会には、聴覚障害を持つデフリンピック出場を目指す選手たちも参戦。
本来デフリンピックの選考大会は別に行われるのですが、中止になったために本大会に参戦して選考の対象とされるそうです。
デフリンピックをご存じでしたか?
ちなみに私は恥ずかしながら存じておりませんでした。
実は来年の2月にロシアのソチでの開催が決定しているとのことです!
どれほど報道されるかわかりませんが、期日が迫ってきたらここでも報告したいと思います!
皆さん応援よろしくお願いします!

10001501_1404058576532106_2128406186_n.jpg

今大会には地元の子供スノーボーダーも応援に来ていました。
有名な角野ユウキ選手を発見して大騒ぎ!
しっかりサインをもらったそうです。

10171896_10203336674487653_1483626047_n.jpg

今回の北海道遠征では「スノーボードウィズ」のレッスンも行いました~!
フリースタイルの基本を理解してもらい、たくさんのアイデアを持って帰ってもらいました~!

10013965_10203343133169116_985387425_n.jpg




最後はこのきれいな「蝦夷富士」こと「羊蹄山」をバックに撮ったこの1枚。

10169364_10203307928449020_896464243_n.jpg
2014.03
08
Category : スノーボード
最終日の今日はハーフパイプファイナル!
天気は晴れてとても気持の良い大会日和!
選手も観客も雰囲気はお祭り!
オリンピックの後だけに選手たちもただただ楽しんでいるかのようです。

まずは男子の結果!

HP MANS

優勝は今季大活躍?のTyler(20歳)。
オリジナリティーもあり、難易度も高かったです。
特大のBSメソッド、FS1260、ダブルチャックフリップ、ダブルコーク2発。
今回ShaunやI-Pod、平野歩夢が出ていませんが、彼らがいてもトップ3に入ったパフォーマンスかもしれません。

2位に日本の平岡卓(18歳)!
高さはTylerよりもあり難易度も十分の素晴らしいパフォーマンスでしたが、全体の滑りを評価するFlowスコアで評価されませんでした。
しかし彼は今季のTTRハーフパイプランキング総合優勝が決定しました!
FISワールドカップより当然ながら価値の高い総合優勝です!
おめでとう!

3位にスイスの新星David(18歳)!
スイスと言えばI-Podですが、彼に続く次世代らしく、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。
彼もこの先数年が楽しみな存在です。

4位にスタイル抜群のBen(19歳)。
先日はTerejeと競演した動画がアップされていましたね。
今季のBurton Resortでもそのスタイルを見せ付けています。
彼はもしかするとポストDanny Davisかもしれません!
個人的に好きですね~。

5位にオーストラリアのKent(18歳)。
6位に4位Benの弟Gabe(14歳)。
7位にJake(15歳)。

ハーフパイプも若い選手がファイナルで戦うと言う構図になりましたね。
こういうリラックスしたお祭り気分の大会ですし、若手が自信をつける良いキッカケになっている気がします。
みんな良いパフォーマンスを見せましたし、この先の世代交代を想像させますね。

男子のフルリザルトはこちら!

ファイナルのトリックとそのポイントの詳細はこちら!





女子はトップ3のパフォーマンスに見ごたえがありましたね~。
結果はこちら。


1.Clark Kelly USA  89.33

2.Castellet Queralt ESP  85.73

3. Kim Chloe USA  83.95

4.Teter Hannah USA  75.03

5.Okada Rana JPN  67.15

6.Rodriguez Sophie FRA  59.8


やはりKellyの高さは圧倒的ですね。
1080もありますし、Shaunのパフォーマンスと同じで、圧倒的な高さと誰もできないようなオリジナリティーのあるルーティーンを持っていると無敵ですね。

2位に個人的に高く評価しているCastellet Queralt。
あの空中のコントロールとランディングの強さは素晴らしい!
そしてスタイルもあります。
なかなかパフォーマンスが安定せずに成績は出にくいのですが、その実力は世界トップで間違いないです。
しかし彼女の滑りを見ているとスロープスタイルに出させてみたいと思ってしまいます。
ボトムランは安定し、抜けではしっかりと踏み切れて、スピンも上手くてランディングが強い。
下半身が強い滑りはジブも練習次第でかなり期待できます。
本人にその気があれば、の話でした。

3位にまだ13歳のChloe。
圧倒的にスキルが高い次世代ライダーです!
成績的にはオリンピックに出れたのですが、年齢で出れなかった彼女。
しかしそのトータルライディングスキルは女子の中では世界トップです!
Kellyはとんでもなく高く飛びますが、どこか危なっかしくて完成度に欠けます。
一方Chloeの滑りは無理や無駄が非常に少なく、スムーズでスタイリッシュ。
トリックはオリジナリティーにあふれ、今季話題をさらったDanny Davisのスイッチバックサイドメソッドを、彼女も一発目に出してきましたからね~!
その上マックツイスト、コーク540、スイッチフロントサイドインディまで!
彼女はすでに女子スノーボード界をリードし始めているといっても良いのではないでしょうか。
明らかに数年後に彼女の時代が来ることが分かりますよね。
ちなみに彼女の今季TTRオーバーオール(HPとスロープの総合)ランキングでの1位が決定したそうです!
すげえ!

日本の岡田らなは5位。
エアも高く、特にFS900テールグラブのクオリティーは今大会で一番だったと思いますし、他のスピンの完成度も高かったと思います。
まだまだ彼女には続けてもらって日本女子をリードして欲しいですね。


女子のフルリザルトはこちらから!

ファイナルのルーティーンとその各ポイントはこちら!