RSS
Admin
Archives

カナダでスノーボードとコーチング

カナダコーチング学から学んだこと、現場でのコーチング経験を通して感じたこと、そしてスノーボードあれこれについて発信していきます。

スポンサーリンク
スノーボードコーチングプログラムカナダ最先端メソッドの「スノーボードウィズ」!!
コーチング無料体験、希望者も受付中!
お気軽に本ブログのメールフォームよりお問い合わせください!
また
「無料なんでも相談室」では掲示板に書き込まれたご質問になんでも無料でお答えしてますよ~!
どんどんご利用ください!!










カテゴリ
Twitter

Shu < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
面白い!と思われたら是非以下をクリックください!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村
プロフィール

高石周(Shu)

Author:高石周(Shu)
カナダ(ウィスラー)でスノーボードコーチとして活動しています。
主にコーチングとスノーボードについて自分が学び感じたこと、またウィスラーの現地情報を発信していきます。
子供の育成に関連した情報もアップしていきます。


[スポンサー/所属]
 
・VOLKL スノーボード
・FLUX バインディング
・CROSS5 スノーボードブーツ
・WEST BEACH スノーボードウェア
・Whistler Gymnastics
・Whistler Youth Soccer Club


[資格]

* スノーボード
- CSCP Basic Coach
- CSCP Comp Intro Coach
- CSCP Comp Dev Coach
- CASI Level 2 Instructor
- Canada~Snowboard Judges Level 1 Officials

* スポーツ心理
- NSCA Exercise and Sports Psychology

* ジムナスティック(体操)
- NCCP Gymnastics Foundations Part 2 Theory
- NCCP Gymnastics Foundations Part 3 Artistic
- NCCP Gymnastics Foundation Part 3 Trampoline

* NCCP(ナショナルコーチングサーティフィケイトプログラム)
- Part A
- Part B
- Make Ethical Decisions

* サッカー
- NCCP Soccer Community Coach Children
- NCCP Soccer Community Coach Youth

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
Facebook
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek


2014.02
05
Category : スノーボード
なんと今オリンピックで2種目金メダルを狙っていたShaun Whiteがスロープ競技欠場を発表しました!

理由は手首と足首の負傷。
怪我人が続出している日々状態が変わる難しいコースによる自身の二次災害を防ぎたい。
そしてハーフパイプに集中するということになってますが。。。
Shaunは目の下にも内出血するような転倒をしたようです。

この件でカナダのSebは、
「ミスターShaun、勝てないと分かったからって、欠場するのは簡単なことだよ。」とTwitterでつぶやき、同じくカナダのMaxも、
「Shaunは勝てないと分かったから欠場することにしたんだ。怖がってるね!」
とコメント。(後に削除された)
そしてアメリカのチームメイトChasは、
「メディアが随分危険なコースだって言ってるけど信じないことだね。すごく滑りやすい良いコースだよ。ただここに誰かさんが欠場を決めていないことにはガッカリだよ。」
と。。。
コースは周囲ではかなり危ないセットアップと言う見られ方をされているようですね。
実際に怪我人がどんどん増えているようですし。
ジブアイテムが近すぎる、ジャンプはかなりアップ系で跳ね上がるなど。。。
カナダのMarcも「不快なほど高さのあるジャンプだよ」とコメント。
アメリカのSageも「こんな危険なコースありえない!」とコメントしてます。
世界トップの女性ライダーTorahも「世界一を決める大舞台なのに、コースはそれに適した作られ方をしていない。非常に残念だ。」
まあChasには滑りやすいようですね。

しかしShaunはあれだけカッコいいアスリート像を動画で見せたばかりなのに、今回の欠場には多くのアメリカ人も簡単には納得しないでしょうね。
たしかに危険なコースかもしれませんので、最初の競技で怪我してしまえばハーフパイプでのメダルもなくなりますし。
アメリカチームも彼への金メダルは絶対的に信じているでしょうし、そこに税金を掛けているわけですから。
Shaunにはその巨大なアメリカ国民の「期待」を裏切ることは恐ろしいことなんだと思います。
そのように本人もコメントしていますし。
アメリカのナショナルチームとしてもメダルを確実に獲得することの方が重要なのかもしれませんね。
こう考えればShaunだけの決断ではなかったかもしれませんよ。

一応Shaunもここまでスロープでオリンピックを目指してきた選手への気遣いのコメントはしてますが、今後スノーボード業界でのShaunへの評価はさらに厳しくなるでしょうね。

しかし今回IOCの管理下の大会会場に多くの選手が不満を持っていることは確かで、世界的に有名なShaunが今回の大会セットアップについて苦言を呈し、そして欠場することの意味は、もしかすると長野オリンピックでTerjeが欠場したのと同じ意味を持つかもしれません。

以下Shaunのコメントです。

「ここまで毎日状況が変わってきて、この先も変わり続けると考えると。。。だって毎日ライダーズミーティングが行われ選手のフィードバックがあり、その都度毎回コース状況が変わってたり変わってなかったり。。。」




次のアメリカのESPNの動画では、かなりShaunの決断を非難してますね。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

さきほどスロープの予選を見てきました!
角野選手残念でしたね。準決勝に期待ですね!

個人的にスロープの放送、というかカメラワークに非常に不満を感じる内容でした。
ジブセクションに関してはもう選手の滑りが止まってるように見えて、まるで躍動感を感じない。
ジャンプも同様でしたが、TV越しでは全体的にスピードやダイナミズムを全く感じませんでした。
まぁオリンピックですから、その辺は期待していませんでしたが、毎度のことながら様々なところでオリンピックはイライラさせてくれます。
とはいえ4年に一度の祭典ということで純粋に選手を応援しながら楽しんではいますが。

Re: No title

どうもジャッジングに納得いかないものが多すぎますね。
カナディアンチームのCharls Reid、Markなどのポイントは低すぎますし、他にも「え?」というものがありました。
確かにカメラワークはいつもあきれますね。
引きの方が分かりやすいのに変なズームしたり、レールの下から撮ってる見難い物もあります。
でも自分もShaunやTosteinがいなくても十分面白い面子で楽しんでます!